わたしたちのアルジェ日記(抄)
1983年4月〜1984年12月

 仕事で北アフリカ・アルジェリアのアルジェ市に3年間滞在した。筆無精な私がなんと簡単な「記録」ををつけていた。後で知ったが、妻の方はもっと細かい「日記」をつけていた。それを今になって読み返し、当時の生活が思い出せるよう簡単にまとめてみた。ここでは仕事関係の事柄はほとんど省略し、生活関係の主な物だけを載せてみた。流してお読みいただき、彼の地での生活の一端がお分かりいただければよいかと思う。「異文化理解」に関心がある方も、一読されたい。なお、内容は当時のもので現在の様子とは異なっていることをお断りしておく。
    
(注:日記は在住三年の内約一年半部分を抜粋)

piyo_i_024_02.gifアルジェの我が家前で, a ma maison, Kouba, Alger, Algeriepiyo_i_061_11.gif

モスリムの通常の衣装
を着た筆者

 
ここのモスリム(イスラム教徒)はお祈りの時に、この衣装でモスク(礼拝所)で祈ることが多い。筆者はモスリムではないが、着やすいことから時々着用していた。頭に被っている物は、「メッカ巡礼」から帰った大家さんからもらった物。本当はメッカ帰りの格の高いモスリム「ハッジ」しか使用が許されていないので、町中では使えない。

 
先住民族ベルベル人
の衣装を着た妻

「ベルベル人」は最も早くからこの一帯で国(モーリタニア)を作ったといわれ、後にローマ帝国に、さらに7世紀からアラブ人に支配されてイスラム教を導入された。19世紀にフランスに支配されると、山に立てこもって抵抗したと伝えられる自尊心独立心の高い民族である。独自の言葉を持っているが、だんだん使われなくなっている。私たちの大家さん一家もベルベル人であった。



三年間お世話になった大家のアクシーシュ家の人たち(上下)
Landlord's family members in Algiers, Algeria, Africa
About Family Members
上の写真上でクリックすると家族の詳しい説明が出てきます


大家アクシーシュ家の人々


お付き合いのあった歯科医ジャミラさん(左から4人目)のファミリーと筆者夫婦(両端)
Our friend's family members in Algiers, Algeria

下の犬やカメラのバナー上をクリックすると関係ページや写真集が出ます

 Diary 1  プライヴェート
(仕事関連)
 Diary 2  プライヴェート
(個人的おつき合い)
Diary 3  プライヴェート
(日本人社会)
Diary 4 アルジェの生活
(日常生活)
Diary 5  アルジェの生活
(ひとびと)
 アルジェリア・フォト・アルバム 
Algeria Photo Album
アルジェリアの印象 イスラムの行事
(ライードエルアドハ・羊祭り)
全アルジェリア写真
妻のアルジェリア伝統工芸体験記


アルジェリアの結婚式
@ Algerian Wedding

アルジェのレストランで 結婚記念日

パリ−ダカール・ラリー全参加車・フェリーでアルジェ港上陸(1986/1/3早朝)

世界遺産:ティムガド・ローマ遺跡

日本大使館の行事に出かける直前・アルジェ市クーバ区の我が家玄関前

アルジェの我が家で機を織る妻

PAGE TOP






1984アルジェリア独立記念日記念切手