サハラ砂漠最のオアシス・
ガルダイアのイメージ

空の青、家の白、ヤシの緑、土地の褐色


An image of Oasis Ghardaia,
Sahara Desert, Algerie

おわりに
 狭い「島国」の日本からこの国を訪れる人は誰でも、地中海の青さ、サハラの雄大さやローマやイスラムの文化や歴史、そして素朴で親切な人々の「虜=とりこ」になります。できればもう一度たずねてみたいと思う人も多いことでしょう。両となりのモロッコやチュニジアと合わせ、「マグレブ(太陽が沈む土地の意)と呼ばれるこの一帯は、とても魅力的な所です

「マグレブ」に対して東のエジプトあたりを「マシュリク」(太陽の昇る土地の意)という

 しかしこのアルジェリアでも、1989年頃からはこの国に住む外国人もねらわれ始め、多くの外国人が殺されたり国外に去りました。現在でも別の事情で、国内ではテロや爆弾事件が絶えず、多くの人が亡くなっています。したがって現在に至っても、外国人は「安全」にこの国を訪れることはできません。この国を知る者には、大変残念なことです。早く暴力がなくなり、この国に本当の平和が訪れ、誰もが自由に旅行できる日が戻ってくることを、願わずにはおれません。                                                       
                                        (おわり)





カスバのイメージ
An image of Casbah
地中海のイメージ
An image of Mediterranean Sea 

この「サハラへの旅」を書いた人にメールしたい人は、ここをクリックしてください


     


(参考)「別の事情とは」

 
現在この国をはじめとしてイスラム教の一部の国では、「イスラム原理主義」という考え方が流行っています。国や社会の中心にイスラム教を置き、すべてを「クルアーン」(イスラムの聖典)にもとづいて判断するのです。余りに現代風になってしまったイスラム教に対する「復元・復古主義」と、キリスト教の先進国に対する一種の「民族主義です。
  
*民族主義 みんぞくしゅぎ  ナショナリズムともいう
 自分の属する国・民族の自立と発展を政治的・文化的な最高の目標とする考え方

 
 長い間イギリス、フランスなどの先進欧米諸国(ヨーロッパ・アメリカ)はアジア、アフリカの国々を植民地として支配してきました。その中に多くのイスラム教の国が含まれていました。それらの国は独立はしましたが、一部の石油産出国を除いていまだに貧しい国が多く、また欧米諸国に経済的に「支配」されています。イスラムの国々は、「発展途上国」*が多く、イスラム教国同士でもまた同じ国内でも、貧富の差が広がっています。

*発展途上国 はってんとじょうこく 近代産業が十分に発展していない開発の途中にある国

 
またパレスティナ問題に見られるように、アラブ人であるパレスティナ人は、ユダヤ人のイスラエルに「圧迫」されています。アメリカ、イギリスは歴史的にユダヤ人を「応援」してきました。このために、イスラムを信じるアラブ人から見て、先進諸国、特に米英は「攻撃・非難」の対象になることが多くなります。
*パレスティナ問題 大昔に国が滅び、世界に広がっていたユダヤ人は、イギリス、アメリカの援助で、第二次大戦後パレスティナの地に、「イスラエル」を建国しました。その結果、そこに住んでいたアラブ人たちが土地を失うことになりました。それがこの問題の始まりです。ニュースで見られるように、今もいがみ合ったり、殺し合っています。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 引用及び参考文献等 References

アルジェリアハンドブック 日本アルジェリア協会編   西田書店
地球の歩き方フロンティア 104 
サハラ アルジェリア
地球の歩き方編集室編 ダイアモンド社
ALGERIE le guide bleus (series)  HACHETTE, France
国際理解 第5号 1988 筆者著「サハラへのたび」
(オリジナル)
岡山県国際理解教育研究会編
ALGERIE-TUNISIE (map)  MICHELIN 172 Pneu Michelin
L'ALGERIE AUJOURD'HUI Jean Hureau  les editions jeune afrique, France
イスラム事典 下中 弘 平 凡 社
中学社会科地図(最新版) 帝国書院編集部  帝国書院
アルジェリア(目で見る世界の国々23) トム・ストライクグス   山本治夫訳 国 土 社
10 世界全地図(ライブアトラス) 講談社タイムズ 講 談 社
11 砂漠の世界 科学のアルバム87 片平孝 あかね書房
12 朝日旅の百科 モロッコ/アルジェリア 朝日新聞社
13 CASBAH  Architecture et urbanisme OREF-GAM Comedi-Bruxelles, Belgique
14 旅に出たくなる地図 世界編 五訂版  帝国書院
15 コーランを読む 井筒俊彦 岩波書店

当HP作成に当たってリンク及び引用したサイト Web-site we directly linked and quoted
Greatly special thanks to this site:
Google Japan and other Google sites http://www.google.co.jp/
http://maps.google.com/maps

引用、参考にしたホームページサイト

  
文中の写真や地図を引用掲載しました  各サイトにはお礼申し上げます
     Very special thanks to these sites:
世界とアフリカ地図 World Atlas and map of Africa http://www.awg.faithweb.com/en/geography/algeriamap1.htm
アルジェリア地図 Map of Algeria http://www.lonelyplanet.com/mapshells/africa/algeria/algeria.htm
博物館 http://www.arab.net/algeria/tour/aa_museums.html
サハラ写真 Sahara http://members.nbci.com/achenar6b/
アルジェ港とカスバ (1960年頃)Port of Algiers and Casbah http://www.chez.com/maghreb2000/
オアシス Oasis http://users.antrasite.be/ppoisse/index.html
クレオパトラの墓、ティパサのローマ遺跡
"Tombeau"and Roman ruins ,Tipasa
http://www.musee-tipasa.art.dz/
クレオパトラ=セレーネ Bust of Cleopatra Selene http://www.musee-antiquites.art.dz/
礼拝 Mouslem prayer http://site.voila.fr/collegedebone.casbah
ガルダイア Ghardaia http://www.arab.net/algeria/geography/aa_map.html
And others: http://www.algeria-tourism.org/
http://www.wtgonline.com/data/dza/dza.asp#
イスラム教(日本イスラム教会) http://www.angelfire.com/ns/perkim/1.html

 使用した写真、資料等 Photos, Postcards etc.

1 Tipasa: Societe Nationale d'Edition et de Diffusion, Alger
2 Vers la Place des Martyrs, Alger: (unknown)
3 Notre dame d'Afrique: Ed.Jefal, Alger
4 Place des Martyrs, Alger: SERAG, Alger
5 Village Touristique, Alger: Ed.Jefal, Alger
6 Rue de la Casbah a Alger: Collection KOUACI
7 Traditional school in Casbah: Collection KOUACI
他 アルジェリア国内販売の絵葉書類

サハラへの旅
子供のための旅行シリーズ@

Revised 7th edition, July 08, 2010 for new HP version
写真、文章等の無断転載、無断使用はお断りします

All Rights Reserved by Kenji Kakehi,(C)1988-2010
この文章は岡山県国際理解教育研究会編1988年版「国際理解」第5号中の「子供のための世界の国々」シリーズ(共著)、
「サハラへの旅」の改訂新版の第六版です。著作権はすべてKenji Kakehiに属します。なお、この文章を個人で閲覧する場合
及び教育用に使用する場合以外の無断転載・印刷・商業行為等については固くお断りいたします (2001年12月10日)