十二世紀中頃完成世界最初ゴシック建築 歴代フランス国王が眠る墓所
サン・ドニ・バジリカ大聖堂

Basilique Cathedrale de St-Denis, St-Denis, Ile de France, France 2014













ゴシック建築の内陣は端正にして重厚





内陣の祭壇









<霊廟・墓所>

フランク王国以後の国王はほとんど此処に埋葬される 初期の王朝の国王たちは廃墟になった寺院から此処に移された
(注:すべての墓は網羅していません)



フランス最後の絶対君主ルイ16世と王妃マリー・アントワネット (メモリアル)
フランス革命後の1793年パリの「コンコルド広場」でギロティンにより斬首
死体はマドレーヌ墓地に葬られた 22回目の命日(1815)年、遺体の一部が現在の場所に移された
Louis17


マリー・アントワネット
von Habsburg





聖ドニ(サン・ドニ)の墓所










絶対王政始祖 フランソワ一世 1494-1547と妃クロードの墓 (三枚とも)
シャンボール城主、アンボワーズ城主 レオナルド・ダ・ヴィンチのパトロンであった













左端奥:チャールズ・マルテルはメロヴィング朝フランク王の国の宰相 「トゥール・ポアティエの戦い」で勝利しイスラム軍の侵入を食い止めた人







左:ルイ三世 西フランク王国国王 ノルマン人を打破  左から二番目:カルロマン2世 兄ルイ三世死後王位を継承 
右から二番目:ピピン3世(小ピピン・短躯王) フランク王国国王
 チャールズ・マルテルの子 (西フランク王国・カロリング朝開設)






シャルル5世(賢明王) ヴァロワ朝第3代王 体は病弱だったが博学で堅実、善政を敷いた







シャルル6世(狂気王)、その妃ババリアのイザボー、シャルル7世(勝利王)、その妃マリー・ダンジュー他





アンリ2世、「有名」な妃カトリーヌ・ド・メディシス イタリアのメディチ家出身

      






フランソワ二世 ヴァロワ朝第11代 1544-1560 父アンリ2世、母はあのカトリーヌ・デ・メディシス
妃メアリー・ステュアート 病弱のため16歳で亡くなる






ルイ12世と妃アン de Bretagne





聖堂地下室にあるブルボン家の墓(チャペル) 此処にある6つの墓の中段にルイ16世とマリー・アントワネットの墓がある
パリ・コンコルド広場で処刑後、マドレーヌ墓地に埋葬されたが、王政復古後ルイ18世時にこの墓地に移された



            

ルイ16世とマリー・アントワネット墓の説明板(左)   <参考>マリー・アントワネット胸像(ウィーン美術史博物館蔵)(右)





6つの墓の中段がルイ16世(右)とマリー・アントワネット(左)の墓
(上の場所を反対側からストロボを使用して撮影)





聖堂地下室の一段低い場所にあるサン・ドニ(聖ドニ)の物といわれる棺と墓穴


 


ルイ17世
(Wikipediaより転載)

ルイ17世の生涯

 
壁にはめ込まれたルイ17世の乾いた心臓
革命後、父母(ルイ16世・マリーアントワネット)が断頭台で処刑され、幽閉虐待された少年は病に罹り衰弱、
わずか10歳で死亡した 検死解剖の医師が心臓を持ちだし自宅でアルコール漬けにし保存したが最後は干涸らびた





「朕は国家なり」「太陽王」ルイ14世 ベルサイユ宮殿を造った絶対主義の王







アンリ4世 1553-1610 ブルボン朝初代国王 「良王アンリ」 フランス人にもっとも人気の高い王









地下室から地上階へもどる








フランスドライヴ・トップ



  
   
(C)2014 All Rights Reserved by Kenji Kakehi, Digital cameras: PENTAX K-30 & PANASONIC DMC-FT3