ニュージーランド・ドライヴ情報とノウハウ・お勧めのアコモデーション・ビギナーのためのNZレンタカードライヴ
New Zealand Drive Information
Accommodations we recommend


海外ドライヴの経験が初めて又は少ない方用の入門ページです 世界中をドライヴ゛している超リピーターの方のお役には立てません


<航空会社選び Airline>
アジア系航空会社には格安券もありますが、それぞれの国の空港を経由するため
「格安が良くて時間のある方」にしかお勧めできません 日本から直行便があるのは
エア・ニュージーランド Air New Zealandだけです これは全日空の加盟する
スター・アライアンス」グループの加盟会社なのでANAのマイレージが溜まります

また事前に「メール会員」登録をしておけば、定期的に情報が入ってきますので、
時間が自由にとれる方は最安値で旅行ができます 私もこれを利用しました
また全日空とリンクするため、国内各空港からの割安で乗り継ぎができます(羽田経由)

航空機は東京成田、東京羽田、大阪関西の3空港とオークランド間しかありません
(以前はクライストチャーチ便がありましたが・・)
成田発着は毎日ですが、羽田は月・木・土、関空は水・金・日なので注意が必要です


<レンタカー選び  Rentacar>
日程が決まり航空券がとれたら、まずはレンタカー選びから始まります
有名な会社としてはハーツ エイヴィス バジェット などがあります
 それぞれ日本にもオフィスがあります 日本語で予約ができ、質問ができるので便利です
支払いも日本円です 英語ができる方は現地空港カウンターで直接予約できます

<レンタカー選び:サイト・オーナーの場合>
エア・ニュージーランドの公式ページ内リンクのエイヴィス・サイトで予約しました
この場合格安になっているようです ただし日本で予約した場合と比較はしていません


<レンタカーについて>
ここではエイヴィスのケースで説明します HPでの車種選びは簡単です 1000ccクラスから4WD、
ヴァンタイプ、大型車まで多種多彩です ほとんどが日本車なので馴染みがあり運転しやすいです
お勧めはトヨタ・カローラです ハイブリッド車がありますので、選ぶと燃費が良くなります
ガソリンはNZ$1.9~2.2(日本円約142~165円)くらいでやや高めなので燃費は大事です(2018/5)

なお外国でのドライヴはいろいろリスクがありますので、名前はいろいろありますが、

フルカヴァーの"All Risks"タイプの保険をお勧めします 高くはなりますが、万が一に安心です


<GPSについて>
慣れない国なので
GPSは必須ですが、レンタカーにオプションで付けられます(別料金)
ただし案内の声は英語ですので慣れない人には使いづらいかも

因みに私たちは携帯用
Garmin GPS(ガーミン社/日本仕様)を海外に持参し、
車に取り付けて運用しています 海外でも日本語で案内してくれますので、
まったく日本国内と同じで、運転中にプレッシャーが掛かりません

このGPSは購入時には日本地図しかインストールされていませんので、
その国の地図が入ったSDメモリーが要ります 今回は「オセアニア版」
(オーストラリア・ニュージーランド)を買い足しました
ヨーロッパ版は別に買ってすでに何度も使っています すべて「アマゾン・サイト」で購入できます

(注:ガーミンサイトで調べると現在(2018/6)車用GPSは販売されていないようです)

なお事前のコース調べには以前購入した
NZドライヴマップとGoogleMapを使用しました


<レンタカーの受け取り>
1 到着空港の出国ゲートを出るとレンタカー各社の窓口が並んでいます
2 窓口では予約Noを書いたレンタカー予約書(Reservation)、日本国内免許証、国際免許証*、
(JAF会員証)
の提示が必要です またデポジットを兼ねた
クレジット・カードの登録が要ります
(クレジットは
VISA、MASTERSが無難です)
3 レンタカー書類・契約書一式、車の鍵を受け取り、車の置き場所の説明を受けます
空港内レンタカー駐車スペースの車を探します

*国際免許証・・各都道府県の運転免許試験場、警察署で入手できます


<レンタカーを受け取ったら>

日本国内同様、時に事故や故障が発生します 下記の手順でJAF会員には国内とほぼ同様の
サーヴィスが受けられます この国のFIA加盟の自動車連盟は
「ニュージーランド自動車協会」(AA)です

AAの最寄りの営業所に行って「
AA Membership card」を受け取ります その際に日本国内免許証、
国際免許証、JAF会員証
の提示が必要です さらにガソリンスタンド(当地ではペトロール・ステイション)で
AA Smartful card」を受け取るとガソリンの割引が受けられます ガソリンは日本同様二種あります
通常は"Unleaded 91"を使います なお、レンタカー返車の際は日本と同様に「
満タン」で返すことに
なっています そうでない場合は高めの料金を取られます


Golden Coast B&B, Greymouth


<ニュージーランド交通事情 Road and Traffic Information>
道路は日本と同じ「
左側通行」なので運転に違和感がありません
世界で左側通行は日本以外では英国と旧イギリス領と連邦加盟国
(オーストラリア、
ニュージーランド、インド、パキスタン、シンガポール、ケニア、アイルランド、香港など)

道路は基本は二車線、都市には四車線までありますが、田舎では一車線の道もたまにあります
舗装はアスファルト舗装が基本で、よほどの山道でなければ良い道が多いです
道路標識は整備されたくさんあります 分岐点にはその方向の町名と距離が書かれています

日本車が圧倒的に多く、次ぎに韓国車、ヨーロッパ車でアメリカの車は大変少ないです
最近はヴァン・タイプや4WD車が増えています キャンピングカーも多く走っていますが、
旅行者のレンタル・キャンピングカー(MAUI社)もたくさん見かけます


注意!留意点 Attention & Remarks
基本的には日本と同じですが、日本とは異なることもあり、注意が必要です

Roundabout ラウンドアバウト (C)Wikipediaから転載

1 (最重要)都会中心部以外の中小の市、町村では交差点は十字路ではなく、「ラウンドアバウト
(環状交差点)という物があります ロータリーになっていて信号機はありません
右から来る車が最優先
でそれをやり過ごしてから通過します いったん入ると自分が優先になります
ロータリー内では徐行で良いですが、一時停止せず走り抜けます 中で止まると追突されます

何番目の出口」を予め覚えておきます それはラウンドアバウトの手前に看板があって、
行く先が書いてあります このやり方は隣国オーストラリアや英国、ヨーロッパ諸国でも多く存在します
慣れが必要ですが、しばらく走っていると慣れます 常に「右が優先」と唱えることです

2 優先道路に出る時は徐行でも良いから左右の車を優先させます "Give Way"のサインがあります
道路の合流地点手前には"Merge"のサインがあります

3 (重要)一般道路でも日本の高速道路の様にキープレフト厳守で、右の車線は追い越し専用です



4 追い越し禁止区間は日本同様の黄色のセンターラインですが、絶対に対向車線にはみ出して
はいけません
 警察が日本以上に厳しい取り締まりをしています 何度も目撃をしました
パトカーは上写真ですが、覆面パトカーも多く走っていて、日本と違って派手な色の車です


5 (重要)日本では狭い県道でさえ橋は対向二車線ですが、地方では国道でも一車線の橋
(One-lane-bridge)が普通です 橋の手前に通行優先権を示すサインがあり、橋の両端で
向かい合ったら片方(優先権がない方)が譲ります 橋向こうに車がない場合はいつでも通れます

6 横断歩道は歩行者が絶対優先 Pedestrian Priority
日本の様に歩行者がいても無視して脇を通過しません 止まるのが当たり前で、
オーストラリア、カナダでも普通のことです 取り締まりが厳しいです
日本国内感覚ではNo Good !

7 クラクションはめったに使いません ハザードは本当の非常時以外は使いません
日本では道を譲ってもらったり停車中にも使っていますが、このやり方は海外では通用しません


8 田舎道でも制限速度は100km
日本だと40km、50kmの道が100kmです 飛ばすのが当たり前で「追い禁」の道でも
後ろにくっつけてきます オークランド近郊では飛ばし屋が多く、ウィンカーランプを付けずに
直前に割り込んできます 運転も荒いので注意します 車間距離を取りましょう
(上写真 「100km制限 言い訳無用」とある)

9 駐車場 パーキング Parking
オークランド、クライストチャーチ、首都ウェリントンのような大都市では駐車が大変です
短時間無料のパーキングもありますが、路傍の機械に登録(ナンバープレート番号)し、
入金するタイプが多いです 長く駐車する場合は有料パーキングに留める方が安いでしょう
また一部に昼は有料でも夜は駐車無料の路傍パーキングがあり、それは説明板があります

10 南島の国道一号線の閉鎖について R1 Road closed temporally
「地球の歩き方」2018~2019版に国道一号線に「2017年9月現在ブレナム~カイコウラ間の道路の
一部が閉鎖中」とあり、ピクトンから海岸沿いにクライストチャーチには行けない様でした
理由は何年も前のこの辺りの大地震のため、トンネルや道路が崩壊したためです

そのため、私たちはブレナムBlenheimからR6を西にとってR65経由でクライストチャーチに
向かいました 後で聞いた話では、実は道路は2018年に入って開通したというのです
ところがそれも現地の人によって内容が違っているのです 「昼だけしか通れない」「雨や嵐の
時は通れない」「交互通行で通れる」・・など 結局、日本のJAFにあたるこの国のAAのサイトを
開き、情報を得たらよいらしいのでした ところが私たちは旅行中で、さらに悪いことに「ガラケイ」
しかもっていません(苦笑) やはり今回は通ったコースが正解ということでした

11 「禁煙の国」 Smoke-Free
この国は吸っても良い表示がない限り、基本は禁煙です 戸外であっても注意です
「スモークフリー」は自由にたばこを吸ってもよろしいという意味ではありません 逆です


<外部リンク>
(ニュージーランド政府・観光局・自動車協会等公式サイト)

ニュージーランドの交通規則(日本語)←大変参考になります 必見です
https://www.newzealand.com/jp/feature/important-road-rules/

ニュージーランドでの運転 ヴィデオ案内
https://www.newzealand.com/jp/driving-in-new-zealand/

移動距離と所要時間
https://traveltrade.newzealand.com/ja-jp/planning-trips/get-directions/

ドライヴァー・トレイニング・プログラム
https://www.aa.co.nz/travel/rental-vehicles-and-transport/visitors-to-new-zealand/visiting-driver-training-programme/



ペトロール・ステイション(日本名:ガソリン・スタンド)の使い方 Petrol Station>


ペトロール・ステイションはイギリス英語です 日本・米国でいうガソリンスタンドです
基本的にこの国は旧宗主国のイギリス英語です その発音もイギリス風です
因みにタイアtire(米)はtyre(英)、問い合わせinquiry(米)はenquiry(英)となります

給油の基本は「
セルフサーヴィス」で、自分で入れてから中のカウンターで料金を支払います
油の種類は三種:無鉛92(Unleaded92)、無鉛98(Unleaded98)とディーゼルです
普通の車は無鉛92を入れます それを選び給油量のボタンを押して給油を始めます

支払いにはクレジットカードが使えキャッシュがなくてもOKです 少なくとも二種類のカード保持を勧めますが、
VISA CARDとMASTERS CARDが無難です 日本でも最近はスタンドに「コンビニ」が併設されていますが、
此の国もオーストラリアも同様です 小さな田舎町の店もない様な場所にもスタンドだけはあります
給油、車のメインテナンス以外にも車の小物部品あり、食料品あり、ドリンク類あり、そしてトイレありで、
旅行者には大変有難い場所です さらに地図をもらったり、道を訊いたり、情報がもらえます
日本の高速道路のSAや一般道の「道の駅」の役目をしています


<北島・南島間のフェリーボート Ferry Boat>

Interisland Ferry

 はっきり言って車のフェリーボート料金は高いです それもあって大手のレンタカー会社では南北両島間のレンタカー使用(フェリー乗り入れ)は認めていません ではどうするか? 北島でいちど借りた車をウェリントンのフェリー乗り場前のオフィスに返し、フェリーには人間だけが乗り、到着港ピクトン・ターミナル前のオフィスで別の車を受け取るやり方になっています 従って南北島往復の場合、合計三台のレンタカーを乗り継ぐ様になっています 手続きは面倒ですが、安くなります なお、フェリーの予約は上の船のロゴから公式サイトに入り、クレジットカードで行います なおシニア料金もあります


<ニュージーランド・ドルの換金について  How to Exchange
 結論から言うと日本で換金しなくてもいいです なぜなら日本の銀行で1NZ$が78~80円の時に、NZでの両替レートが71~72円でした またクレジット決済の場合は75~76円でしたので、多額のキャッシュをもって行くのは損です
 基本はキャッシュは日本円を持って行って、必要最低限をNZで交換します 空港や大きな銀行では日本円から換金できます チップもない国ですから計算は楽です あとホテルでもスーパーでもハンバーガーショップでもスタンドでも美術館でもクレジットが使えます なおクレジットカードはVisaとMastersの二種類が使いやすいです JCBは使えないところが多くあります


<お勧めの宿>
Accommodations we recommend
今回の旅でお勧めできる宿は以下の四つです 三つはB&B、ひとつは空港ホテルです
この下のリンクから直接予約できます
*B&Bとは・・・英国発祥の制度で、一般の民家が朝食込みの部屋を提供します 日本でいう一種の民宿ですが、
オーナーが家庭的で親切な人が多く、コミュニケーションができるので、英語が分かる方にはありがたい宿です

クライストチャーチ
Christchurch
ロトルア
Rotorua
ネルソン
Nelson (Outskirts)
Olive House B&B Rotorua Views B&B Mapua Garden B&B
https://www.booking.com/hotel/nz/olive-house
-bed-and-breakfast.ja.html
http://rotoruaviews.co.nz/ www.nz.com/accommodation/mapua/
mapua-garden-b-b.aspx
 絵が得意なオーナーと中国出身の奥様も絵が得意で大変親切です 朝食はコンティネンタルです ペットも大好きで可愛いネコと犬がいます ジャグジーがある素敵なお部屋です 市中心部から離れていますが、公園の様な閑静な住宅地にあります 一晩に一組しか泊めません  なお直接下記アドレスにメールで申し込めば料金が少し安くなる様です  johncburtt@gmail.com  有名な温泉地ロトルアの丘上にある明るい素敵なB&Bです Wine-Tasting選手権で優勝したワイン通の親切なオーナー夫妻の入れるコーヒーと朝食(フルイングリッシュ)が美味しいです 人なつこいラブラドル・レトリヴァーがいます なお上のサイトに"Book Direct with Us"のボタンがあるので便利です
 ネルソン郊外丘上にある素敵なBBです 庭が素敵で眺望も抜群 品の良いフレンドリーな夫婦もチャーミングです 朝食はコンティネンタル+エッグです 部屋も素敵で、満足です 一晩に一組しか泊めません




Olive House B&B (Christchurch)


Mapua Garden B&B (Nelson area)


Rotorua Views B&B (Rotorua)


B&B English Breakfast (Bacon and eggs)


B&B English Breakfast (incl. fruits and yogurt)

オークランド空港
Auckland Airport, Auckland Airport area
Auckland Airport Lodge
https://www.aucklandairportlodge.co.nz/
 ニュージーランド航空の東京行きは朝が早いですので、個人旅行では空港まで12分のマイクロバス送迎がありがたいです 部屋は広くアメニティーも充実です 裏に一週間無料のパーキングスペースがあるので地元の方も使っています



NZ Drive Top PageTop

Castle Hill on Route73

写真の無断利用・無断転載・無断利用禁止

  
(C)2018 May, All Rights Reserved by Kenji Kakehi, Digital camera: PENTAX K30 & PANASONIC DMC-FT3