幕末明治の偉人・中濱萬次郎(ジョン万次郎)・生家と資料館 
高知県・土佐清水市
Museum of the civilized man, John Munjiro in the late Edo-period and his birthhouse (Tosashimizu city, Kochi pref., Japan)



ジョン・マン・ミュージアム正面入り口 John Mung Museum, Tosa-Shimizu city, Kochi pref.




正面入り口右側




正面入り口左側 (注:写真に日向部と日陰部があります)




「萬次郎と仲間達の群像」脇の説明板から


(以下ミュージアム内部展示)











































帰国後、萬次郎は江戸に招聘され、軍艦教授所教授に任命された 「ボーディッチの航海術書」を翻訳し、教授した





1860年萬次郎は日米修好条約の遣米使節団の一人として咸臨丸にのる 船長の勝海舟が船酔いのため萬次郎が補助をした








土佐藩で聞き取りに当たった河田小龍は万次郎の話を記録し、後に『漂巽紀略』を記した


(注)展示物等のオリジナル・コピーライトは当該資料館等にあります





「萬次郎と仲間達の群像」 濱田浩造作 (海の駅あしずり駐車場) ジョン・マン・ミュージアム近隣







<中濱萬次郎生誕地・高知県・土佐清水市・中浜(旧中ノ濱村)>











生家(復元) 中浜(旧中ノ濱村) Reconstruction of John Mung's birthhouse






生家(復元)内部




すぐ近所にある萬次郎の母の実家 建物は現代の物だがご子孫が在住されている (説明板あり)




旧居前にある萬次郎たちが使ったという井戸 (説明板あり)






(関連写真)



生家の近くの足摺岬に立つ萬次郎像



(外部サイトリンク)
中濱(ジョン)萬次郎(Wikipedia) ジョン万次郎資料館(公式サイト)


(関連:土佐偉人銅像案内図)



(高知県須崎市裏ノ内 「横浪黒潮ライン」パーキングエリア・案内図)



PageTop


写真の無断利用・無断転載・無断使用は固く禁止します

  
(C)2018 Nov., All Rights Reserved by Kenji Kakehi, Digital camera: PENTAX K30