(2)首都エル・ジェザイールフランス名:アルジェ)(人口550万人以上・世界59位2005
今回の旅の始まり El Djezair(アラビア語/公用語), Alger(フランス語), Algiers(英語), Algier(ドイツ語)


  アルジェ港と古い歴史をもつ灯台
  (中央)と地中海(上)
  写真で見える町並みは
  フランス植民地時代のもの
  歴史の古い有名な「カスバ」は
  写真外左側の山手部分にある

   Photo:(tous sur Algerissimoより転載)
 
 フランス系アルジェリア人で有名なノーヴェル賞作家の
アルベール・カミュは、「アルジェの街は海から見るのがいちばん美しい」といいました。丘が海岸に沿って長く伸び、そこから斜面で地中海へ下がっています。海側から見ると、紺碧(こんぺき)の海の上にまるで模型をならべたように、白色の建物や屋根、木々の緑がが丘に向かってせり上がり、その上は濃い青色の空が広がっているのです。その海と空の青色と家々の白色のコントラスト(対比)が、素晴らしいのです。

 
*紺碧こんぺき・・やや黒みを帯びた青色 
  *
アルベール・カミュ
1913年アルジェリア生まれ、1957年ノーベル賞文学賞受賞、1960年自動車事故で死亡 日本で活躍するタレント、セイン・カミュ(アメリカ・ニューヨーク出身)の大叔父
 

 
 さらに細かく見ると、少し湾になった右端には古い灯台があり、その奥が港になっています。アルジェはもともと、アラビア語で「
エル=ジェザイール」(島の意)といい、小さな島がその起こりです。しかし港の一帯は、まるでフランスの街のような雰囲気です。長い植民地支配で、街が作られていったのでしょう。フランス人は「都市づくりの天才」といわれ、世界中の元フランス植民地の都市は、今でもすべてフランス風で、都市美を誇っています。








1830年のアルジェ港とカスバ(版画) 1960年(独立直前)のアルジェ港  1985年のアルジェ港
と独立記念塔
          古いアルジェの写真をたくさん見たい人はここをクリックしてください→(写真資料・リンク

 
しかし、街も丘のいちばん上の部分になると、まるで様子は一変します。「
カスバ」と呼ばれる地域です。カスバはこの市でも最も古い地 区です。西アジア、北アフリカの街には、必ず同様のもの(メディナ)があります。まわりを城壁で囲い、中は階段と迷路になっています。フランス植民地時代以前のオスマン・トルコ支配の時代までに作られた「アルジェの故郷(ふるさと)」なのです。古いので決してきれいではないですが、今でも人々が生き生きと生活しています。


アルジェのカスバの路地

 長いフランスの支配(しはい)から独立するための「
アルジェの戦い」は、カスバを中心におこなわれました。フランス軍が見つけにくい迷路(めいろ)のような場所だったからです。フランスはこれに対して軍隊や警察をたくさん動員し、多くの人を殺し逮捕(たいほ)し、拷問(ごうもん)にかけるという大弾圧(だいだんあつ)をしました。

<アルジェリア独立運動の英雄>
エミ−ル・アブデル・カデル(カディール)
 




 
フランス・アンボアーズ城にあるエミ−ル・アブデルカデルの肖像画

 
Emir Abd al Qadir (1807-1883)
アルジェにあるエミ−ル・アブデル・カデル像
(アルジェ:エミ−ル・アブデルカデル広場) (tous sur Algerissimoより転載)
上の切手はアブデルカデルの肖像画切手


 独立のため、彼は外国の援助をうけてフランスとよく戦ったが、最後はフランスに捕らわれてフランスで牢獄(ろうごく)に入れられる。のち釈放(しゃくほう)され、トルコ、シリアと渡り、ダマスカスで死亡した。彼の遺骸(いがい)は1968年アルジェリアに帰国した。「英雄」として多くの切手や肖像画が作られた。

参考文献:西田書店「アルジェリアハンドブック」
 

 そしてついに
1962年、132年にもおよぶ植民地支配が終わり、この国は独立することになるのです。これらの戦いでは、戦士(ムジャヒディン)だけでなく、市民を含む百万以上といわれる多くの人が死にました。今のアルジェリア国歌「誓い」は独立戦争の時、刑務所に入れられていた闘士(とうし)がそこで書いたものと言われています。支配した側のフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」もそうですが、ともに歌詞は激しい内容を含んでいます。日本の「君が代」とは中身が大きく違う点です。

*植民地支配 しょくみんちしはい・・・外国の国・地域を、住民の意志に反して、政治的経済的におさえること 住民の反発をまねきやすい

**(参考)大人用説明:「アルジェの戦い」・・詳細はHP「ド・ゴール伝 第3部その3 アルジェの戦い」にあります
**(参考)大人用説明:「アルジェリア独立闘争」(Wiki)
**(参考)アルジェリア国歌:アルジェリア国歌アラビア語版(オリジナル)

**(参考)世界の国家の歌詞と日本語版
**(参考)映画で分かる「アルジェの戦い」(アルジェリア−イタリア合作)1966年度ベネチア映画祭金獅子賞(グランプリ)受賞作






現在のカスバ カスバ(19cの版画) 殉教者広場に続くアルジェ港沿いの大通り
 丘の上のカスバに対して、海側から見たまちの左手や下のアルジェ港のまわりは、フランス時代にできた比較的新しい地域でヨーロッパ風の町なみです。さらに独立後にできたさらに外がわにある家々は白っぽく、遠くから見ると輝いて見えます。そして街のあちこちに、空に向かって突き出ているのが、「モスク」です。そばには先がとがったミナレット(せん塔)が何本か立っています。モスクはイスラム教の「礼拝所」(お祈りをするところ)で、仏教の寺やキリスト教の教会、大聖堂とは異なります。中には絵や像などはまったくありません。イスラムでは「偶像崇拝*禁止」で、絵や像は拝んではいけないのです。

*偶像崇拝 ぐうぞうすうはい・・・神・仏にかたどって造った像や絵を 宗教の対象として拝(おが)むこと

アルジェのモスク



殉教者(じゅんきょうしゃ)
広場にある「漁場」モスク
左手の塔がミナレット(尖塔)




 こういう地区のいちだんと高くなった丘の上に、大変モダーンな記念塔らしいものが見えます。あまりに高いので、町のどこからでも見えます。

 これがアルジェのシンボル、「
独立記念塔」です。フランスとの独立戦争で亡くなった戦士たち(ムジャヒッディン)もここにまつられています。

 ここには火が燃え続け、24時間兵士が警備をしています。この塔は、血を流して勝ち取った貴重な「独立のシンボル」なのです。


独立記念塔tous sur Algerissimoより転載)

 またこの地は、長い歴史の間にフェニキア人、ベルベル人、ローマ人、ヴァンダル人、スペインの海賊、トルコ人やアラブ人に支配されたこともありますし、ユダヤ人もたくさん住んでいました。だから、人々の顔つきにも、長い歴史の間にそれらが混じり合ってできたことが、よく現れています。「地中海人種」とでもいうべき人たちでしょうか。



←結婚した女性の日常の衣装、ハイク姿の女性 結婚前の女性は顔は隠さない
(C)1995MaskoKakehi
 
←もっとアルジェの写真を見たい人は左をクリック