人はなぜ外国に「旅」をするのでしょう?
(上をクリック Click above to go)





















  
仕事のため(出張、駐在を含む) 一番最初の目的はこれでしょうね。あの「遣隋使、遣唐使」もまあ、いってみればこれでした。
生活のため、生きてゆくため  仕事のためも「生活のため」でしょうが、「生きるため」と考えると、「移民」「出稼ぎ」がこれに属します。東ヨーロッパからEUへの出稼ぎ、中国系の華僑・華人もこれ。
留学・研修のため 「遣隋使、遣唐使」もこれに入りますが、もっと近代的なものと考えると、明治の「文明開化」以後の外国で(を)学ぶことと考えましょう。語学やMBA取得などを始め、今もたくさんの人が海外で学んでいます。
研究・調査のため(学会参加を含む) 学者・研究者の資料入手だけでなく、現地調査も入ります。
文化・芸術の習得のため 絵画、バレー、音楽、フランス料理習得(コック)などで、多くの人が出ています。(3とダブります)
日本にないものを入手するため 日本では売ってない生活用品、美術品などを手に入れる喜びです。
異文化体験をするため ホームステイもこれです。南米音楽の笛(例ケーナ)を学ぶ、「エスキモー」の犬ぞり操縦、アボリジニーの生活体験、カナダで牧場生活体験など本当に多種多様です。
日本は住みにくい ムラ的「島国」の生き方に合わないひと、「金太郎飴」的日本が嫌いな人、まわりに無理に合わせるのが嫌いな人など、日本では住みにくい人たちです。
趣味の延長
(趣味のためにはどこへでも)
汽車の旅、車のドライヴ、グルメの旅、登山、自動車レース観戦、スキー・スノーボード、バレー、コンサート、演劇鑑賞、イヴェント参加・・・。
10 人が好き、または人一倍何にでも興味・関心・好奇心が強い人 世界にはどんなヒトがいるんだろう? 知りたい。話してみたい、つきあいたい。何にでも首を突っ込む人。
11 一カ所では生きて行けない 日本でいうと、「フーテンの寅さん」がこれか?自分の居場所がないとか、人間関係のしがらみも?
12 「他人の役に立ちたい」という目的意識のため NGO、慈善団体、海外青年協力隊などがそれ。(信念、使命感のある人)
13 宗教上の理由 仏教徒のインド参り、キリスト教徒のヴァティカン訪問、イスラム教徒のメッカ巡礼など。
14 失恋をした、または人生で重大なことがあって、心に区切りをつけたかった よくある旅の動機ですね。最愛の人を失った・・。転職するときにも・・・。
15 外国にいる友人、家族に会うため 海外にはすでに100万*を越える日本人が住んでいます。(*種々の統計あり)
16 外から日本を見直したい 外から見ると 良いところも悪いところも、よく「日本が見え」ます。
17 自分を発見したい、自己啓発のため 今の自分は何ができるか分からない。探そう。私って何?
18 日常性からの脱却のため 毎日のおきまりの生活から抜け出したい。気分転換も。
まだまだその他にもあると思います お気づきの方はお知らせくださるとうれしいです
 
Backphoto:世界遺産・アイトベンハッドゥ(Morocco)(C)2006 All Rights Reserved by Kenji Kakehi

お便り ご感想大歓迎!相互リンク歓迎!リンクされる場合お知らせください
申し訳ありませんが、メールの内容によってはお返事しない場合もあります この上をクリックしてください