歴史上人物と
芸術家たちの肖像 
旅行中に博物館、美術館、生家、公園、広場、墓地などで会った画家・作家・音楽家・文化人・思想家・学者・政治家・歴史上の有名人たちです
歴史と音楽、文化が好きな方にはお勧めします 人物クイズのつもりで顔から人物名を当てていただいても面白いかも・・
無断転載・無断使用・無断コピー禁止

To the Bottom
作曲家・ピアニスト・「ピアノの詩人」
フレデリック・ショパン
心臓以外が埋葬される(心臓はポーランド・ワルシャワ
ペール・ラシェーズ墓地 (フランス・パリ)
作曲家・ピアニスト・「ピアノの詩人」
フレデリック・ショパン
ショパン生家博物館 (ポーランド・ゼラゾヴァヴォラ)
作曲家
ゾルターン・コダーイ
ブダ王宮 (ハンガリー・ブダペシュト)
作曲家
ゾルターン・コダーイ
リスト博物館 (ハンガリー・ブダペシュト)
作曲家・超絶技巧のピアニスト
フランツ・リスト
ブダペシュト国立歌劇場 (ハンガリー・ブダペシュト)
作曲家・超絶技巧のピアニスト・女性たちが失神した音楽家
フランツ・リスト
リスト博物館 (ハンガリー・ブダペシュト)
作曲家
アントニーン・ドヴォルジャック
プラハ国立歌劇場前広場 (チェコ・プラハ)
作曲家
アントニーン・ドヴォルジャック

ヴィシェフラド墓地の墓碑 (チェコ・プラハ)
作曲家
ペドルジハ・スメタナ
スメタナ博物館 (チェコ・プラハ)
作曲家
ペドルジハ・スメタナ
スメタナ博物館 (チェコ・プラハ)
印象派画家(バルビゾン派)
ジャン=バプティスト・カミーユ・コロー
ペール・ラシェーズ墓地の墓碑 (フランス・パリ)
作家
オノーレ・バルザック
ペール・ラシェーズ墓地の墓碑 (フランス・パリ) 
 
作曲家
ヴィンチェンツィオ・ベッリーニ(ベルリーニ)
ペール・ラシェーズ墓地の墓碑 (フランス・パリ) 
作曲家
フランソワ=ジョセフ・ゴセック
 ペール・ラシェーズ墓地の墓碑 (フランス・パリ) 





 
新古典主義画家
ジャック=ルイ・ダヴィッド
ペール・ラシェーズ墓地の墓碑 (フランス・パリ) 
ルネッサンスの芸術家・科学者・大天才
レオナルド・ダ・ヴィンチ
彼の墓がある世界遺産・アンボワーズ城 (フランス・アンボワーズ) 





仏古典主義劇作家
ピエール・コルネーユ
ラシーヌ、モリエールとともに仏三大劇作家とされる
ルーアン芸術劇場 (フランス・ルーアン)
印象派画家
ポール・ゴーギャン
「黄色いキリスト像のある自画像」
オルセー美術館 (フランス・パリ)
印象派(バルビゾン派)画家
ジャン=フランソワ・ミレー
「自画像」 オランジェリー美術館 (フランス・パリ)
仏作家 ジョルジュ・サンド(写真)
「リストの愛人」「ショパンの愛人」は有名
フランツ・リスト博物館 (ドイツ・バイロイト)


作曲家・音楽家 リストとその仲間たち(版画)
後列中央にショパン、前列右にリストがいる
フランツ・リスト博物館 (ドイツ・バイロイト)




ヴァイオリニスト・作曲家
フランティシェック・オンドリーチェック
ドヴォルジャックの「ヴァイオリン協奏曲」初演者
ヴィシェフラド墓地の墓碑 (チェコ・プラハ)
ドイツ古典主義文豪
ゲーテ(左)とシラー(右)全身像
国民劇場前広場 (ドイツ・ヴァイマール)
作曲家・オルガニスト
ヨハン・セバスチャン・バッハ 「音楽の父」
教会内内陣床に彼の3番目の墓がある
聖トーマス教会 (ドイツ・ライプチッヒ)
作曲家・オルガニスト
ヨハン・セバスチャン・バッハ 「音楽の父」
聖トーマス教会の壁に貼られた「バッハ音楽祭」ポスター
聖トーマス教会 (ドイツ・ライプチッヒ)
作曲家 ゲオルク・F・ヘンデル 「音楽の母」
人生のほとんどは英国で活躍 墓もロンドンにある
像から徒歩数分に生家博物館がある (ドイツ・ハレ)
作曲家 リヒャルト・ヴァーグナー 「楽劇王」
バイロイト祝祭歌劇場内庭園 (ドイツ・バイロイト)


作曲家・ゲヴァントハウスオーケストラ指揮者
ライプツィッヒ音楽院創設者 フェリックス・メンデルスゾーン
「メンデルスゾーンハウス」のデスマスク (ドイツ・ライプツィッヒ)
作曲家・ゲヴァントハウスオーケストラ指揮者
ライプツィッヒ音楽院創設者 フェリックス・メンデルスゾーン
「メンデルスゾーンハウス」 (ドイツ・ライプツィッヒ)
作曲家・オーストリア宮廷楽長
アントニオ・サリエリ
ベートーベン、シューベルト、リストなどを育てた教育家だが
映画「アマデウス」では「悪役」になった (オーストリア・ウィーン)
作曲家 フランツ・シューベルト
ベートーベンを尊敬、死後も彼の墓脇に埋葬される・墓碑
ヴェーリンク墓地(現シューベルト公園) (オーストリア・ウィーン)
注:ヴェーリンク墓地閉鎖に伴い現在は中央墓地に墓がある


作曲家・ピアニスト
フランツ・リスト・デスマスク
リスト博物館 (ハンガリー・ブダペシュト)
「バイロイト音楽祭」プロデューサー コジマ・ヴァーグナー(ワーグナー)
父がフランツ・リストで母は愛人の伯爵夫人
最初は指揮者ハンス・フォン・ビュローと結婚、のちヴァーグナーと結婚
リスト博物館 (ハンガリー・ブダペシュト)
「アンネの日記」作者 ナチ強制収容所で病死
アンネ・フランク
アンネ・フランクの家博物館脇広場 (オランダ・アムステルダム)
バロック期の画家
ピーテル・パウロ・ルーベンス
ノートルダム大聖堂前広場 (ベルギー・アントウェルペン)
オランダを代表する「光の画家」
レンブラント・ハルメンス・ファン・ライン
運河沿いにあるレンブラント像 (オランダ・ライデン)
スペインを代表する作家
ミゲル・デ・セルヴァンテス・サアヴェドラ
彼の「ドン・キホーテ」はあまりにも有名 ドンキホーテ像の後ろで
(スペイン・マドリッド・スペイン広場)
作曲家
ヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルト
幼少時代・フィガロハウス (オーストリア・ヴィーン)
作曲家
ヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルト
モーツァルト公園の像 (オーストリア・ヴィーン)



哲学者・思想家・作家・作曲者
ジャン・ジャック・ルソー
フランス啓蒙思想・百科全書派・民主主義思想の先駆者
レマン湖畔 (スイス・ジュネーヴ)
宗教者・思想家・神学者
ジャン・カルヴァンジョン・カルヴィン 左から二人目)
ドイツのマルティン・ルターとともに宗教改革を推進した
宗教改革記念碑 (スイス・ジュネーヴ)
哲学者・ローマ皇帝(五賢帝)
マルクス・アウレリウス・アントニヌス
ストア哲学に長けた皇帝 著書「自省録」で知られる
大英博物館 (英国・ロンドン)
作曲家・ハンガリー国歌作曲者
フェレンツ・エルケル
ブダペシュト国立歌劇場 (ハンガリー・ブダペシュト)
古代ギリシャ・アテナイの三大悲劇詩人
エウリピデス
西洋美術館 (ハンガリー・ブダペスト)
古代アテナイの歴史家「ペロポネソス戦記」
トゥキディデス
西洋美術館 (ハンガリー・ブダペスト)

「国際法の父」・著作「戦争と平和の法」
フーゴー・グローティウス
新教会前広場(全身像) (オランダ・デルフト)
「自由民権運動」・自由党・憲政党・政治家
板垣退助
高知城公園 (高知県・高知市)
足守藩士・医師・蘭学者・福沢諭吉の師
緒方洪庵
天然痘治療・「適塾」主催(現大阪大学医学部)
(岡山県・岡山市足守)
ドイツ人医師・博物学者
フィリップ・フランツ・フォン・ズィーボルト(通称シーボルト
ライデン大学付属植物園 (オランダ・ライデン)
作家、エッセイスト、哲学者、歴史家
ルズヴィ・ホルベア
啓蒙主義・人文主義・近代ノルウェー文学創始者
(ノルウェー・ベルゲン)
作曲家・ピアニスト
エドワルド・グリッグ(通称グリーグ) 国民学派
住家はフィヨルド傍にある美しい場所で崖下に夫妻の墓もある
グリッグの家博物館庭園 (ノルウェー・ベルゲン)
人類学者・探検家・海洋生物学者
トール・ヘイエルダールDr.
「コンティキ号」で太平洋を探検航海
コンティキ号博物館 (ノルウェー・オスロ)
ノーヴェル平和賞・科学者・探検家・政治家
フリチョフ・ナンセン
「フラム号」北極探検・難民救済活動
フラム号博物館 (ノルウェー・オスロ)
童話作家
「人魚姫」「マッチ売りの少女」
ハンス・クリスチャン・アンデルセン
アンデルセンの家記念館 (デンマーク・オーデンセ)
童話作家
「人魚姫」「マッチ売りの少女」
ハンス・クリスチャン・アンデルセン
聖クヌート大聖堂脇公園 (デンマーク・オーデンセ)







ダイナマイト発明者・科学者・発明家・実業家
アルフレッド・ノーベル
ノーベル賞創設者・写真はノーベル賞メダルの肖像
ストックホルム・市庁舎 (スウェーデン・ストックホルム)
ダイナマイト発明者・科学者・発明家・実業家
アルフレッド・ノーベル (デス・マスク)
ストックホルム・市庁舎 (スウェーデン・ストックホルム)
探検家 ロアール・アムンゼン
人類初南極点到達・北極点初到達
フラム号博物館 (ノルウェー・オスロ)
ロシア・ロマノフ朝初代皇帝 ロシアの近代化に努めた
ピョートル一世大帝(部分)
エルミタージュ美術館 (ロシア・サンクトペテルスブルク)

ロシア・ロマノフ朝女帝 エルミタージュコレクション蒐集者
エカチェリーナ二世(部分・通称エカテリーナ二世
エルミタージュ美術館 (ロシア・サンクトペテルスブルク)
ロシア・ロマノフ朝最後の皇帝ニコライ二世(部分)
皇太子時代「大津事件」 のち「ロシア革命」で一家とともに処刑
イリヤ・レーピン筆 エルミタージュ美術館(ロシア・サンクトペテルスブルク)




イギリス経験論・哲学者・思想家・歴史学者
デイヴィッド・ヒューム
(スコットランド・エディンバラ)
イギリスの古典経済学者・哲学者 「国富論」
アダム・スミス
(スコットランド・エディンバラ)

バイエルン国王 ノイシュヴァンシュタイン造営者
ルートヴィッヒ二世
「ハウス・ヴァーンフリード」・ヴァーグナーの家 (ドイツ・バイロイト)
作曲家・超絶技巧のピアニスト
フランツ・リスト
「リスト博物館」・リストの家 (ドイツ・バイロイト)
ボヘミアの思想家・プロテスタントの宗教改革者
ヤン・フス
ジョン・ウィクリフの思想に触れてプロテスタント活動に
カトリックは宗教裁判で彼を火刑に処した (チェコ・プラハ)
詩人・文学者・哲学者・政治家・法律家
シュトルム・ウント・ドランク 「若きヴェルテルの悩み」
ヨハン・ヴォルフガンク・フォン・ゲーテ
(ドイツ・ヴァイマール)
ユダヤ人・チェコフィル常任指揮者 カレル・アンチェル
ナチのアウシュヴィッツ強制収容所の生き残り
チェコフィルと海外演奏旅行中にソ連軍がチェコ侵入、
そのままカナダに亡命しトロント響指揮者、彼の地で客死
後任のチェコフィル指揮者が遺体をプラハに戻す
ヴィシェフラド墓地 (チェコ・プラハ)
政治家・反ナチス・反ソ連の反骨の運動家
ミラダ・ホラコヴァ
第二次大戦でナチのドイツ軍に逮捕、拷問さる 死刑宣告後収容所に
大戦後、侵入したソ連軍指導の体制派の秘密警察により逮捕、
裁判で死刑宣告、各国の助命運動にもかかわらず死刑執行 享年48
ヴィシェフラド墓地 (チェコ・プラハ)
デンマーク人・ビショップ(首教)・詩人・賛美歌作者
トマス・キンゴ
聖クヌート大聖堂 (デンマーク・オーデンセ)
オランダを代表する画家
レンブラント・ファン・レイン(自画像)
ストックホルム国立美術館 (スウェーデン・ストックホルム)
スペイン国王フェリペ4世(フィリップ4世)
スペイン宮廷画家・ディアゴ・ベラスケス筆
エルミタージュ美術館 (ロシア・サンクトペテルブルグ)
ナポレオンの妻・ジョゼフィーヌ
フランソワ・ジェラール筆
(ロシア・サンクトペテルブルグ・エルミタージュ美術館)

ロシア・ロマノフ朝女帝 エカチェリーナ二世(通称エカテリーナ二世
エカチェリーナ宮殿 (ロシア・プーシキン)
ロシアの偉大な詩人 プーシキン
エカチェリーナ宮殿中庭 (ロシア・プーシキン)
波乱の人生のスコットランド女王
メアリー一世(部分)
エリザベス一世により処刑
(スコットランド・エディンバラ城)
スコットランドの宗教改革者・長老派教会創立者
ジョン・ノックス(部分)
・聖ジャイルズ大聖堂 (スコットランド・エディンバラ)
注:ジョン・ノックス像はスイス・ジュネーヴにもあ

イングランドのロマン派詩人
ウィリアム・ワーズワース
ホークスヘッド(英国・イングランド・湖水地方)
「ユートピア社会主義」運動家 ロバート・オウエン
資本主義初期の社会改良主義で労働者住宅や工場を造る
世界遺産 ニューラナーク(英国・スコットランド・ニューラナーク)
大英帝国・英国最盛期の女王
ヴィクトリア女王
ヨーク国立鉄道博物館・掲示写真 (英国・イングランド・ヨーク)
改良型蒸気機関車の発明者
ジョージ・スティーヴンソン(部分)
ヨーク国立鉄道博物館 (英国・イングランド・ヨーク)
帝国安定期・ブリタニアでの「長城」建設
ローマ皇帝(五賢帝) ハドリアヌス帝
大英博物館 (英国・イングランド・ロンドン)
 名君と謳われる 対外政策により帝国領土最大に
ローマ皇帝(五賢帝) トラヤヌス帝
大英博物館 (英国・イングランド・ロンドン)
ヴェスヴィオ火山によるポンペイ壊滅時代
ローマ皇帝 ティトゥス帝
大英博物館 (英国・イングランド・ロンドン)
初代アウグストゥス帝の養子
ローマ皇帝 ティベリウス帝
大英博物館 (英国・イングランド・ロンドン)
ローマ政治家・軍人・共和制時代
帝政の基礎を築く・甥ブルータスに暗殺さる
ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)
大英博物館 (英国・イングランド・ロンドン)
ローマ帝国・初代皇帝
養父ユリウス・カエサルの遺志を継ぎ「パックス・ロマーナ」実現
アウグストゥス(オクタヴィアヌス)
大英博物館 (英国・イングランド・ロンドン)
「オルレアンの少女」
百年戦争時のフランス救国の聖女・のち捕らわれ火刑に
ジャンヌ・ダルク
シノン城 (フランス・シノン)
「オルレアンの少女」
百年戦争時のフランス救国の聖女・白百合は「純潔」を表す
ジャンヌ・ダルク
カンの修道院 (フランス・カン)
「オルレアンの少女」
実際のジャンヌは甲冑は着なかったというが、これは勇ましい方の像
ジャンヌ・ダルク
(フランス・モンサンミッシェル)
「オルレアンの少女」
「フランスの守護神」・甲冑をつけた勇ましい像
ジャンヌ・ダルク
ルーブル美術館横 (フランス・パリ)
フランス革命で断頭台に消えたルイ16世王妃
オーストリア・ハプスブルク家マリア=テレジアの娘
マリー・アントワネット (少女時代)
美術史博物館 (オーストリア・ウィーン)
フランス革命で断頭台に消えたルイ16世王妃
オーストリア・ハプスブルク家マリア=テレジアの娘
マリー・アントワネット
サンドニ大聖堂 (フランス・サンドニ)
フランス革命で断頭台に消えたブルボン朝最後の国王夫妻
ルイ16世と妃マリー・アントワネット
サンドニ大聖堂 (フランス・サンドニ)
探検家・「インド航路」の発見者
ヴァスコ・ダ・ガマ
(ポルトガル・ポルト)
李氏朝鮮始祖(太祖)
李成桂
国立古宮博物館 (大韓民国・ソウル)
「赤穂浪士」「忠臣蔵」の主人公
(赤穂藩・浅野家筆頭家老)
大石内蔵助良雄
泉岳寺 (東京都・港区)
米国・初代大統領・「独立戦争」
ジョージ・ワシントン
ジーン・アントニー・フードン作
国立美術館 (スウェーデン・ストックホルム)

インド独立運動指導者(非暴力・不服従)
マハトマ・ガンディー(バーブー) (写真)
幾度も「ノーヴェル平和賞」にノミネートされたが
宗主国英国の妨害により受賞とは成らなかった
「ノーヴェル平和センター」・ガンディー展 (ノルウェー・オスロ)
インド独立運動指導者(非暴力・不服従)
マハトマ・ガンディーとインド首相故ネール(ネルー)
インドを代表する二人の談笑する数少ない写真
「ノーヴェル平和センター」・ガンディー展 (ノルウェー・オスロ)
英女王エリザベス二世の母堂(夫は英国王ジョージ6世)
エリザベス王太后(皇太后)
英国民から愛された「英国の母」 享年101歳
ヨーク国立鉄道博物館・掲示写真 (イングランド・ヨーク)
ナポレオン軍をトラファルガー海戦で破ったが戦死
英提督  ホレーショ・ネルソン
プリンシーズストリート (スコットランド・エディンバラ)
世界でもっとも有名な探偵シリーズ(作家 コナン・ドイル原作)
シャーロック・ホームズ (実在しない人物像)
ピカーディー広場 (スコットランド・エディンバラ)
英国の政治家・首相・作家・軍人
第二次大戦中の英国を指導した サー・ウィンストン・チャーチル
パーラメントスクエア (イングランド・ロンドン)
南アフリカの政治家・大統領・弁護士・「反アパルトヘイト」の人権運動家
ノーヴェル平和賞 ネルソン・マンデラ
長年の白人支配層の弾圧・投獄に耐え出獄、黒人の国を作った
パーラメントスクエア (イングランド・ロンドン)
英国の哲学者・論理学者・数学者・伯爵
ノーヴェル文学賞 バートランド・ラッセル
平和主義者・パグウォッシュ会議の基となる
レッドライオンスクエア (イングランド・ロンドン)
福知山城主 「本能寺の変」
明智光秀
福知山城 (京都府・福知山市)
浅井長政妻・柴田勝家妻・織田信長妹
「戦国一の美女」 お市の方
長浜城歴史博物館 (滋賀県・長浜市)
隠居後の駿府城(府中城)
鷹狩りの徳川家康
駿府城公園 (静岡県・静岡市)
父祖の地・岡崎城祉に立つ江戸幕府創設者
徳川家康
岡崎城公園 (静岡県・岡崎市)
戦国の武将・軍師
黒田官兵衛とともに秀吉の参謀 竹中重治半兵衛
竹中氏陣屋 (岐阜県・垂井町)
戦国・江戸初期大名(今治・津藩主)
加藤清正に並ぶ築城の名手 藤堂高虎
伊賀上野城 (三重県・伊賀市)
政治家・国会議員・弁護士
斎藤隆夫
帝国議会で軍部やファシズムに抵抗し議員を除名さる
斎藤隆夫生家記念館 (兵庫県・豊岡市・出石町)
日本で医学普及・植物標本収集などに努めた
ドイツ人医師 フォン・ジーボルト(シーボルト)
「シーボルト事件」で日本を追放される
ライデン大学植物園 (オランダ・ライデン)
英国王ヘンリー8世の三番目の妻・エドワード6世の生母、産褥死
ジェーン・シーモア (ホルバイン筆)
(オランダ・デンハーグ・マウリッツハイス美術館)
注:ウィーン美術史博物館にもウリ二つの絵がある
第29代内閣総理大臣・立憲政友会総裁
犬養 毅
1932年の「五・一五事件」で暗殺さる
吉備津神社境内 (岡山県・岡山市庭瀬)
秀吉による備中高松城水攻めで部下の命と引き替えで切腹
毛利方武将 清水宗治
高松城址公園・資料館 (岡山県・岡山市高松)
聖武天皇や光明皇后に愛され鑑真を来朝させた
正二位右大臣 吉備真備
吉備真備公園 (岡山県・矢掛町)

江戸後期の曹洞宗の僧
良寛
越後国出雲崎出身・のち備中国玉島(現倉敷市)の国仙和尚に師事
子供を愛しよく遊んだ逸話が残る 円通寺(岡山県・倉敷市玉島)
室町時代の水墨画家・禅僧
雪舟
備中国赤濱(現岡山県総社市)生まれ、「涙で描いた鼠」の逸話は有名
周防の大内氏の庇護下明に渡り水墨画の修行 常栄寺(山口県・山口市)



土佐藩初代大名
山内一豊
織田・豊臣・徳川の三氏に仕える
高知城公園 (高知県・高知市)
土佐藩祖・山内一豊妻
山内千代(見性院)
夫のために馬を買ったという「内助の功」で知られる
高知城公園 (高知県・高知市)


奈良-平安期の貴族・従三位
桓武天皇期の実務官僚 和気清麻呂
「道鏡事件」で活躍・備前国(現岡山県和気町)出身
 和気神社 (岡山県・和気町)
土佐藩15代藩主・死後従一位贈与
山内容堂
「鯨海酔侯」 「公武合体派」
高知城 (高知県・高知市)
江戸時代幕末・土佐藩郷士
坂本龍馬
海援隊・「薩長同盟」は余りにも有名・「近江屋事件」で暗殺さる
現代でも大変人気がある歴史上の人物 高知城(高知県・高知市)
ヴォルフガンク・モーツァルトの妻
「悪妻」とよばれ映画「アマデウス」でも自由奔放な妻とされた
コンスタンツェ・モーツァルト
モーツァルト・ハウス(旧フィガロ・ハウス)(オーストリア・ヴィーン)







神聖ローマ皇帝・オーストリア大公
啓蒙絶対君主 ヨーゼフ二世
マリア・テレジアの長男で仏ルイ16世妃マリー・アントワネットの兄
モーツァルトにも影響を与えた ホフブルク宮(オーストリア・ヴィーン)
オーストリー・ハンガリー皇帝フランツ・ヨーゼフ一世皇后
美容・スタイルにも気を配った「絶世の美人」 愛称シシー
バイエルン公爵夫人 エリザベート
スイス・レマン湖畔で無政府主義者に暗殺さる
ホフブルク宮(オーストリア・ヴィーン)


清に対抗して明を擁護、台湾独立の祖
鄭成功
オランダ軍と戦ったことからも「国神」とされる
通称:国姓爺、日本生まれで母が日本人 (台湾・安平アンピン
ドイツの天才的ピアニスト
作曲家・ローベルト・シューマンの妻 クララ・シューマン
ヨハネス・ブラームスの親愛なる友人でもあった
フランツーリスト博物館 (ドイツ・バイロイト)

「叫び」で知られるノルウェーの画家
エドヴァルト・ムンク
写真・Rolf E. Stenersen著本の表紙から転載
スコットランドの詩人・作家・弁護士
サー・ウォルター・スコット
「湖上の美人」「アイヴァンホー」 (スコットランド・エディンバラ)

18-19cのスウェーデン王・ノルウェー王・ナポレオン戦争期
カール13世
(スウェーデン・ストックホルム)
ロシア帝国ロマノフ朝第6代皇帝
エリザベータ
大帝ピョートル一世とエリザベス一世の娘
エルミタージュ美術館 (ロシア・サンクトペテルブルグ)


扇・小袖を描いた絵師 「友禅染」の創始者
宮崎友禅斎
知恩院 (京都府・京都市)
宗教家・教育者・同志社英学校(同志社大学)創設者
新島襄
新島襄旧邸 (京都府・京都市)
アルジェリア独立運動の指導者・アルジェリアの英雄
エミール・アブデル・カデル
フランス植民地支配に抵抗して戦うが、のち捕らわれ客死
アンボワーズ城 (フランス・アンボワーズ)
フランス・バルビゾン派画家(印象派の先駆け)
シャルル=フランソワ・ドービニー
彼の家の庭の絵をゴッホが描いている
(フランス・オーヴェル・シュル・オワーズ)




1598年「ナントの勅令」を出し宗教懐柔を図ったが暗殺さる
「良王」 アンリ4世(ヘンリー4世)
サン・ドニ大聖堂 (フランス・サン・ドニ)
「軽騎兵序曲」の作曲者
フランツ・ズッペ(スッペ)
中央墓地 (オーストリア・ウィーン)
アルプスを越えるボナパルト(ナポレオン)
(ダヴィッド筆・部分)
美術史博物館 (オーストリア・ウィーン)
フィレンツェの擁護者・メディチ家の最盛期
コジモ・メディチ
ウフィッツィ美術館外壁 (イタリア・フィレンツェ)
オーストリア・ハプスブルグ家
女帝マリア・テレジア(テレサ) 作者不詳
武器博物館 (オーストリア・グラーツ)
作曲家・スメタナの最初の妻・カテリーナ(カテジナ)
作者不詳
スメタナ博物館(スメタナの家) (チェコ・プラハ)





大韓帝国時代・伊藤博文の「暗殺者」(兇漢)
または朝鮮の独立運動家・「英雄」(義士) 安 重根(アン・ジュングン)
(安重根義士記念館)(韓国・ソウル)
(注・日本側と韓国側では扱いがまったく異なる)
初代ハンガリー国王・聖王・カトリック聖人(10-11c)
ヴィレム二世
ブダ王宮 (ハンガリー・ブダペシュト)


ワルツ・ポルカの父 ヨハン・シュトラウス
ウィーン市立公園 (オーストリア・ウィーン)
作曲家 ドイツ「3B」のひとり(ロマン派)
ヨハニス・ブラームス
中央墓地 No.32A オーストリア・ウィーン)
古代エジプト一の美女 ネフェルティティ
トゥタンクアメン(ツタンカーメン)の義母(新王国)
国立博物館 (ドイツ・ベルリン)
オスマン・トルコ帝国
メフメット2世
世界遺産・トプカピ宮殿 (トルコ・イスタンブール) 


Pagetop


アンデルセン「人魚姫」(コペンハーゲン港)

"Little Mermaid" by Andersen, Danemark

To be continued...

Pagetop  BACK