人々の生活 Daily Life (1)
無断転載・無断引用・無断コピー・無断利用禁止
<Europe>



ミュージアム広場の犬とファミリー ベイビーはまだ犬が珍しいらしい 姉たちもママもたいへん優しい (オランダ・アムステルダム)




ミュージアム広場前・自転車専用道を走る三輪車の母子 「ママ~オシッコ!」 オランダは自転車王国 (オランダ・アムステルダム)




「アンネ・フランク像」前の自転車で来た父子 やさしい父は盛んに像の説明をしていた (オランダ・アムステルダム)




「アンネの家」前(左上)の運河の風景 自家用船と観光船が行き交う (オランダ・アムステルダム)




休日の運河をのんびり走るカヌー オランダ人は運河と共に生活している (オランダ・ライデン)




ダム広場の観光馬車 「ばぁちゃま、あれなぁに?」「そぉねぇ、何かしら?」 (オランダ・アムステルダム)




ビネンホーフ傍らのハニムーン・カップル カメラマンの注文にポーズ"Looking at you, kid !" 「君の瞳に乾杯!」 (オランダ・デンハーグ)




1815年ナポレオンが連合軍に敗戦した場所に立つ「ライオン像の丘」 その脇を犬を連れてを散歩する地元の老人
此処で大戦闘で殺戮があったとは思えない平和な光景 (ベルギー・ワーテルロー)




「チーズの町」アルクマール・広場の露天チーズ店 その種類は多い 観光客でなかったらたくさん買いたい場所 (オランダ・アルクマール)




チーズの町アルクマール・市庁舎で歌っていた地元の合唱団 中高年ばかりだがなぜか楽しそう 人生の一つの楽しみ方 (オランダ・アルクマール)




チーズの町アルクマール・聖ロレンス教会の修復費用調達のための物品販売 民族衣装姿が素敵だ (オランダ・アルクマール)




チーズの町アルクマール 運河を行き交うファミリー・ボート 明るい声が響く 運河は大切なこの国の財産 (オランダ・アルクマール)




運河脇の公園で日光浴で寛ぐ人たちの午後 緩やかな時間が過ぎる (オランダ・ハーレム)




世界遺産・旧市街の広場で黄色の移動観光案内所のお姉さんからもらった地図を見ているお兄ちゃんとその家族 (ラトビア・リガ)




町市庁舎前広場で式典のための演習をする陸軍部隊 観光客も足を止める (エストニア・タルトゥ)




「ハーメルンの笛吹き男」で有名なこの町のお祭り パレードに参加したあと友と談笑する少女 緊張の後の「ほっ」とした雰囲気が伝わってくる
(ドイツ・ハーメルン)(アナログ・フォト)




世界遺産・「世界三大甘口ワイン」の産地・早朝のトカイ村・収穫ブドウを積む馬車がゆく 緩やかな時間が過ぎる
右奥の民宿入り口には「空き部屋あります」のハンガリー語とドイツ語の表示が見える (ハンガリー・トカイ)





世界遺産:「世界三大甘口ワイン」の一つ・「トカイ・ワイン」 その数多いワインケラーのひとつ・「ヒメス・ウドヴァル」
親切なオーナー夫人が各種ワインを試飲させてくれる 甘いけどウマイ!(ハンガリー・トカイ)





首都最大のファルカシュレート墓地で手を繋いで墓参りをする老夫婦 こういう人生もイイ (ハンガリー・ブダペシュト)




いつも明るくノリのいいスペインの女子学生たち 彼女たちの記念撮影を横から邪魔してごめんなさい
因みに画面左端の指は筆者のもの (スペイン・コルドバ)


<Africa>



モーゼ縁のアイン・ムーサ泉跡の土産物店の少女 観光客がバスで来ると手工芸品を売っていた あまり売れていなかった (エジプト・アインムーサ)




「ミイラ博物館」入り口で気さくに写真を撮らせていた珍しい母 イスラムでは
ふつうは女性は他人に写真は撮らせない (エジプト・バハレイア・オアシス)





オアシスの裸足の子ども 環境も身なりも決して恵まれていないが、屈託ない
笑顔がかわいい 先進国の子らにはない笑顔だ (エジプト・バハレイア・オアシス)




観光用テントレストランの楽士たち 楽しそうに仕事をする (エジプト・バハレイア・オアシス)




砂漠に向かう国道の休憩所売店 日本で言うと「道の駅」 コーヒー、飲料水、菓子などアルコール以外はあった (エジプト・リビア砂漠)




ロバが牽引する町中の移動八百屋 当然品数は少ない (エジプト・カイロ)




ナイル川のナイトクルーズ船で踊るベリーダンサー (エジプト・カイロ)




観光客の呼びかけにポーズをとる学校帰りの仲良し姉弟 姉は美人になりそうだ (エジプト・カイロ)




観光用ラクダに集まるこどもたち ラクダがたくさんいる国でもやはり人気動物? (エジプト・カイロ)




観光馬車仲間の休息 「噛みタバコ」を渡す (エジプト・カイロ)




高級ホテルのロビーにいたきれいな英語を話すママ、ベイビーと優しい叔父 ここにいないパパはドクターだそうだ (エジプト・カイロ)




広場にいた「氷水屋」 暑い日なので飛ぶように売れていた 周囲は「井戸端会議」風になる (エジプト・カイロ)




ピラミッド傍でテロを警戒する警察官 以前に「ハトシェプスト葬祭殿」で外国人が襲われ殺された事件があった
そのためすべての観光ツアーには自動小銃を持った兵士がガードしている 観光立国の努力 (エジプト・ギザ)





観光客を待つラクダたち エジプトでは観光業で生活する者はたいへん多い (エジプト・ギザ)




「モーゼの十戒」縁のシナイ山(2285m)山頂でご来光を待つ人たち 朝も早くとにかく寒い!!
カメラを持った手が小刻みに震える なんと「貸し毛布屋」もいた (エジプト・シナイ半島)





サハラ砂漠の乾期は遊牧民にとっては大変 深い井戸から手で汲んだ水を家畜に飲ませるのが日課
サハラ砂漠・ドライヴ中の光景 (アルジェリア・サヘル地帯)(アナログ・フォト)





サハラ東砂漠 遊牧民ファミリーが飼っているラクダの糞を集めている 水も得がたく燃料もない彼らにとっては草食動物の糞は貴重な燃料だ
さいわい糞はすぐに乾燥し利用しやすい状態だ これも日課の一つだ サハラ砂漠をドライヴ中の光景 (アルジェリア・サハラ砂漠)(アナログ・フォト)





世界遺産:カスバの路地で遊ぶ子どもたち 町でもっとも古い地区である
決して綺麗ではない場所だが歴史あるこの国の古里 (アルジェリア・アルジェ)(アナログ・フォト)




アルジェリアの先住民族ベルベル人のファミリーの結婚式 「花嫁の父」 花嫁を見送る父の表情は複雑である (アルジェリア・アルジェ)(アナログ・フォト)




アルジェリアの先住民族ベルベル人のファミリーの結婚式 「花嫁の父」 花嫁の母はとうとう家から出てこなかった (アルジェリア・アルジェ)(アナログ・フォト)




アルジェリアの先住民族ベルベル人のファミリーの結婚式 前日「男子禁制」の部屋でケーキ入刀 (アルジェリア・アルジェ)(アナログ・フォト)




先住民族ベルベル人の結婚式 披露宴の音楽会で 大音量の音楽の楽団演奏でも新郎新婦だけがなぜか別世界だ (アルジェリア・アルジェ)(アナログ・フォト)




世界遺産・アイトベンハッドゥ・村のラクダは生活の一部 (モロッコ・アイトベンハッドゥ)




生活品を運搬するトラックは大切な道具 必需品の水タンクを積み込む (モロッコ・アイトベンハッドゥ近郊)




この国に限らず北アフリカではロバは大切な生活運搬用動物 数が大変多い (モロッコ・カサブランカ)




食料品店 たくさんの種類の香辛料を売っている 店主は商売よりお喋りに夢中 (モロッコ・カサブランカ)




旧市街の肉屋 猫が上の棚から落ちるおこぼれを狙っている (モロッコ・カサブランカ)




旧市街で年輪を重ねた二人の語らい 語りも静かである (モロッコ・カサブランカ)




モスクでの家族の団らん 先進国にはないママたちの笑顔 (モロッコ・フェズ)




室内の語らい 何となくオランダ人画家・フェルメールの構図だ 机上にあるのはコーラン(クルアーン) (モロッコ・ラバト)




香草売りの老人 黙々と束を作る アラブ料理ではハーブは重要だ (モロッコ・フェズ)




世界遺産の広場の蛇遣い コブラは元気だが、なぜか人々は距離を置いて見ている (モロッコ・マラケッシュ)




なつめやしの実・ダーツ(デエツ)の露天商 昔のキャラバン(隊商)の食料 栄養がありカロリーが高い (モロッコ・マラケッシュ)




水売りの男 地元の人間が買ってゆく 衣装・道具がカッコイイ (モロッコ・マラケッシュ)




観光馬車の蹄鉄交換 ウムウムなるほど・・ (モロッコ・カサブランカ)




父と幼女 父は娘が可愛くて仕方がない様子 (モロッコ・カサブランカ)


人々の生活(2)

PAGETOP


  
(C)1983~2016, All Rights Reserved by Kenji Kakehi