人々の生活 Daily Life (2)
無断転載・無断引用・無断コピー禁止
<Oceania>


ワカティプ湖の冬の夕暮れ 鳥に囲まれても恐怖心がないベイビー ママのカメラショットにポーズ (ニュージーランド・南島・クイーンズタウン)




ワカティプ湖の冬の夕暮れ ジョッギングは桟橋の上で 冠雪はスキー場もあるリマーカブル山脈 (ニュージーランド・南島・クイーンズタウン)




ワカティプ湖の冬の夕暮れ パパ、ママは餌やりに夢中、ベイビーはカメラ目線! (ニュージーランド・クイーンズタウン)





夕暮れのルイス湾を散歩するファミリー 湖面の反射が眩しい 穏やかな時が流れる ワナカは観光拠点だが小さな町 (ニュージーランド・ワナカ)




オートキャンプ場でガチョウ、クジャクに餌をやるキャンパー この国ではこのようなリタイア組がキャンピング・カーを買い、
ゆっくり時間をかけて国内一周をすることが多いという (日本人は「ラウンド」という) この国の若い人たちは海外旅行
(ヨーロッパ・日本)に関心があって国内一周は後回しらしい (オーストラリア・WA・サンドファイアー)




車にはねられ死んだカンガルーを集める係員 道路パトロールをしながら処理してゆく
この国では毎日交通事故に遭う野生動物は多い (オーストラリア・NT・ノーザンテリトリー)



<Europe>



世界遺産・アルハンブラ宮殿 いろんな言葉が飛び交う 世界中から観光客が集まる (スペイン・アルハンブラ)




メッチャ明るい女学生の記念撮影 こちらに気づいてお愛想してくれた娘たち ここは「大学の町」といわれる町 (スペイン・サマランカ)




孫娘に食事をさせるバアバ 孫が可愛くて仕方がない様子だ 名城脇の公園での一コマ (スペイン・セゴヴィア・アルカサール)




南部の町で暇を持て余す観光馬車の御者たち 売り上げが少なく口数も少ない (スペイン・マラガ)




フラメンコの元祖の町のフラメンコダンサー 目つきが色っぽい 男たちの掛け声、手拍子、ギターがそれを盛り上げる (スペイン・セヴィージャ)




ダマスキナード(金象眼)工房の職人 集中力が素晴らしい アラブ時代に中東(シリア・ダマスカス)からきた細工だという (スペイン・トレド)




世界遺産・エヴォラ・ジラルド広場のマロン(焼き栗)売り 秋のパリの街角と同じ香ばしい臭いが漂う (ポルトガル・エヴォラ)




世界遺産・ポルトガルの港町で卵を売る老婆 客も来ないので知り合いとのお喋りに夢中 (ポルトガル・ポルト)




娘の洗礼を終えて大聖堂を出るパパとファミリーのメンバー 見ているとパパの溺愛ぶりは半端ではない (イタリア・アマルフィ)




世界遺産の町の土産物・おもちゃ店 とにかくエプロンのデザインがスゴイ (イタリア・アマルフィ)




聖堂前広場の泉水でパパの呼びかけにカメラ目線をとる妹 右は妹に優しい姉 (イタリア・アマルフィ)




地中海岸のパーキングで観光客に果物を売る農家の男 まったく売れず暇を持て余す (イタリア・アマルフィ郊外)




下町の八百屋の主人は近所の奥さんとの長話 彼の声が響き渡る (イタリア・ナポリ)




カトリックの国の休息日のミサ イタリア人は敬虔である (イタリア・ソレント)




「ワァ~オゥ!」 歩行者天国の大道芸に興奮する子どもたち 素直に感情を表す (イタリア・ソレント)




バンビーノ(ベイビー)の世話で忙しいママに叱られ顔をしかめるおねえちゃん 「姉はつらいよ」 (イタリア・ソレント)




夫婦と祖母の口論に落ち込むおニイちゃん 原因は何? (イタリア・ソレント)




飲み屋の「シャボン玉発生器」に大喜びのキッド 嬉しくてじっと立ちつくす (イタリア・ソレント)




世界遺産・アルベロベッロの目抜き通りの夕暮れ 観光客が店を覗き冷やかしていく (イタリア・アルベロベッロ)




観光の国だが「警察国家」というのはあまり知られていない 町のあちこちに多くの警察官の姿がある (イタリア・ローマ・スペイン広場)




観光客はいるが誰も利用しない観光馬車の御者の午睡 長い時間がつづく (イタリア・ローマ・コロセウム広場)




やはり「客」が来ない観光用「ローマ剣闘士」のひととき とうとうヘルメットを取って一服 (イタリア・ローマ・コロセウム脇)




16c前半から綿々とつづく「スイス人傭兵」による警備 スイスは国が貧しかったため、外国に多くの傭兵を出し多くの血を流してきた (ヴァティカン市国)




世界遺産・旧王宮(現大統領公邸)の警備の交代に向かう兵士 この後、定刻の交代式をする (チェコ・プラハ)


<Asia>



グランド・バザール傍らのモスケで 此処の女性は明るくてお喋りである 向こうから話しかけてきた (トルコ・イスタンブール)




旧市街の移動式露天果物屋 売れないため店主は仏頂面だ (トルコ・イスタンブール)




世界遺産・アヤソフィア(セント・ソフィア)モスク横の女性たち (トルコ・イスタンブール)




ホテル内レストラン内で客のためのナンを焼く女性 中に具を練り込むんでいる (トルコ・コンヤ)




ヒルトン・ホテル内の靴磨き屋 磨き台が豪華だ (トルコ・コンヤ)




イエスの母マリアが昔住んだという「伝承マリアの家」でイスラム教徒にキリスト教の話をするシスター
長い間「共存」してきた平和的な「宗教交流」の姿 (トルコ・エフェス近郊)





世界遺産:トロイ遺跡 「トロイの木馬」で知られるが復元模型にもこどもたちは大はしゃぎだ (トルコ・トロイ)




モスクのお祈りから出てきた善女たち (トルコ・コンヤ・メヴラーナ博物館)




客を待つベドウィン族の四駆トラックのドライヴァーたち 観光客は荷台に乗って見学・移動する (ヨルダン・ワディラム)




往年のアカデミー賞・作品賞「アラビアのロレンス」の舞台ワディラム・観光客用ラクダ遣い (ヨルダン・ワディラム)




海抜約-400mにある「死海」 塩分30%のため女性の体が浮いているが、浸透圧のため長くは浸かれない 対岸はイスラエル領 (ヨルダン・死海)




昔の雰囲気を持つ旧市街城壁前の露天商 衣類・装飾類を扱う (ヨルダン・アンマン)




裏町の売れないバナナ売り 疲れだけが残る (レバノン・アンジャール)




ローマ遺跡で来ないデート相手を待ち続ける少女 行ったり来たりと落ち着かない (レバノン・バールベック)




何となく物々しい町中の検問所 奥に機関銃のついた装甲車両がある 日本人には分からない雰囲気 (レバノン)



国境の検問所 原則「撮影禁止」のため緊張感がある 向こうに「悪名高い」アサド大統領の肖像が見える (レバノン→シリア国境)




街頭の野菜処理器売り 実演販売をしている 見物の取り巻き人数は多いが見るだけでほとんど売れない (シリア・ダマスカス)




工房の前で売られている「焼きたて」ホブズ(ナンの仲間) オッサンの「井戸端会議」がはずむ 女性はあまり表に出ない (シリア・ボスラ)




十字軍時代の遺跡の階段を難渋しながら下りる母子たち イスラム圏の女性は大変 (シリア・クラック・デ・シュヴァリエ)




遠足の小学生は好奇心が強い ちょっとした穴にも興味を示す (シリア・クラック・デ・シュヴァリエ)




釜山港にあるチャガルチ市場は市民の台所 魚介類をはじめとしてたいていの食料が揃う (大韓民国・釜山)




チャガルチ市場のオモニたち 此処の女たちはみんな働き者である (大韓民国・釜山)




往年のアカデミー賞受賞映画「戦場に架ける橋」の舞台で橋を歩いて渡ってきたボーイ・ガール・スカウト (タイ・カンチャナブリ) (アナログ・フォト)




観光客を象に乗せる象使い (タイ・アユッタヤ) (アナログ・フォト)




前漢の遺跡・交河故城跡で彼のカメラにポーズをとる新婚の妻 (中華人民共和国・ウィグル・トルファン) (アナログ・フォト)




バイエルン王国・夏の離宮・ニンフェンブルク城の庭園池で寛ぐパパと娘 (ドイツ・ミュンヘン郊外) (アナログ・フォト)



人々の生活(1)

PAGETOP


  
(C)1983~2016, All Rights Reserved by Kenji Kakehi, Digital cameras: Nikon F3(Analog), CANON 7, CANON50D, PENTAX K30 & others