世界の芸術家・宗教者・指導者の墓碑と肖像(1)
ドイツ古典主義の巨匠 ゲーテとシラー


ドイツ・ヴァイマール(ワイマール)国民劇場前のドイツ古典主義の文豪ゲーテとシラー像



<国民劇場前部壁面にはめ込まれたプレート類>



ヨハネス・ベッヒャー:政治家・作家・詩人 ナチのブラックリストにあげられた反骨人
トーマス・マン:小説家 1929ノーヴェル文学賞 ナチス政権後アメリカなどに亡命



1919年8月11日この国民劇場で民主的「ヴァイマール(ワイマール)憲法」が成立したことを示す碑文
ヴァイマール共和国



ドイツ・ヴァイマール ゲーテの家(現博物館) 1782年から1832年の死まで此処に住んだ 「もっと光を・・」はここで残した言葉である
近くに「
若きウェルテルの悩み」で登場する「永遠の恋人ロッテ」の家がある



ドイツ・ヴァイマール シラーが死ぬまで住んだ家(現博物館) ここであの「ウィリアム・テル」が生まれた



ドイツ・ヴァイマール アウグスト大公家の霊廟(墓地) ゲーテとシラーが眠る



アウグスト大公家の霊廟地下階のゲーテ(左)とシラーの棺
<内部撮影禁止のため現地販売の絵はがきから転載・Foto:Toma Babovic, (C)Klassik Stiftung Weimar>


ルーカス・クラナッハ


ドイツ・ヴァイマール 画家クラナッハの墓がある市教会(ヘルダー教会)



ドイツ・ヴァイマール マルクト広場、市庁舎の対面にある画家クラナッハが1552年から1553年10月16日に死ぬまで住んだ家(右・ピンク色)
有名なプロテスタント指導者、マルティン・ルターと親交がありその肖像画も彼が描いた


ヤン・フス


マルチン・ルターに先駆ける14ー15世紀堕落したカトリック教会を批判したプロテスタントの魁指導者 後に宗教裁判にかけられ火刑となる
チェコ・プラハ 旧市街広場のヤン・フス像(メモリアル)



 プロテスタント運動指導者 元カレル大学学長 ヤン・フスといわれる像 チェコ・ターボル博物館蔵

・・・・フスは、「私が、間違った証言者に告発されたような教えを説いていないことは、神が知っておられる。私が書き、教え、広めた神の言葉の真実とともに、私は喜んで死のう」と述べて断った。火がつけられると、フスは声を高めて「神よ、そなた生ける神の御子よ、我に慈悲を」と唱えた。これを3回唱え、「処女マリアの子よ」と続けたとき、風が炎をフスの顔に吹き上げた。そして、フスを悪魔とみなす敬虔な老婆がさらに薪をくべると、“O, Sancta simplicitas”(おぉ、神聖なる単純よ)と叫んだ。彼はなおも口と頭を動かしていたが、やがて息をひきとった。フスの衣類も火にくべられ、遺灰は集められて、近くのライン川に捨てられた。 
                                       
(この項WikipediaJapanより転載)


アルフォンス・ムハ(通称ミュシャ)


アール・ヌーヴォー
を代表するグラフィック・デザイナー 多くのポスター・パネル・カレンダー等を制作した
チェコ・プラハ・ヴィシェフラド墓地 通路正面にこの国の名士たちが入る名誉墓(記念的霊廟)「スラヴィーン」がある 
ムハの墓は中央上で、下にはクラシック音楽家のクーベリック父子の墓がある




チェコ・プラハ・ムハ美術館 外窓枠


ミラダ・ホラコヴァ


反骨の政治家 カレル大学法学部卒 1939年ナチのチェコ占領で反体制運動に参加

ゲシュタポに捕らえられて死刑宣告されるが後減刑、テレジン強制収容所や各刑務所に送られる
戦後政治家に復帰するが、のち共産党支配になって「反体制活動者」として1949年逮捕され、
秘密警察が拷問を続けた 1950年彼女と12人の仲間の裁判が始められ、彼女は自分の意見を
主張したが死刑が宣告された アインシュタインやチャーチルなどが助命請願したが、
1950年絞首刑が執行された 享年48歳 裁判は反体制者への一種の見せしめであった
(文はWikipedia English ver.からの抄訳)
チェコ・プラハ・ヴィシェフラド墓地


ハンス・クリスチャン・アンデルセン


世界で最も有名な童話作家のひとり 代表作は「マッチ売りの少女」「人魚姫」「みにくいアヒルの子」など
アンデルセン博物館内部展示のアンデルセン首像 デンマーク・オーデンセ



ンデルセン博物館内部展示 「みにくい家鴨の子」の挿絵



聖クヌート大聖堂脇のアンデルセン像 デンマーク・オーデンセ


Assistens Cemetery, Copenhagen, Denmark


グリム兄弟

(C)Wikipedia
二人はメルヘン街道沿いに伝わる民話を「グリム童話」としてまとめた



ドイツ・カッセル グリム兄弟博物館


Alter Friedhof, der Matthaeus, Berlin, Germany




ドイツ・アールスフェルト 「赤ずきん」の像がある通りの水飲み場


ゲオルク・ヘンデル


「音楽の母」といわれるドイツ・ハレ出身の作曲家だが、のち英国に渡り彼の地で活躍し亡くなった

ドイツ・ハレ 旧市街の中心・マルクト広場のヘンデル像(1859)



ドイツ・ハレ グロッセ・ニコライ・シュトラッセ5番地にあるヘンデルが生まれ青年期までを過ごした家・「ヘンデルハウス」(現博物館)



英国・ロンドン・ウェストミンスター寺院 南翼廊床にある作曲家ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデルの墓
ドイツ人だがイギリスに骨を埋めた 傍の壁上にはヘンデル像が置かれる



マルティン・ルター(ルーテル)

マルティン・ルターの肖像画(ルーカス・クラナッハ)(WikipediaJapanより転載)



腐敗したカトリックを痛烈に批判した宗教改革者(プロテスタント)

現在はプロテスタントのマルクト教会外壁にあるマルティン・ルターの碑 彼は1546年此処で最後の説教をしたといわれる ドイツ・ハレ


Castle Church Wittenberg, Wittenberg,
Wittenberger Landkreis, Sachsen-Anhalt, Germany


ヨハン・セバスチャン・バッハ


「音楽の父」といわれるドイツの大作曲家 ライプツィヒで活躍した

J.S.バッハの活躍した聖トーマス教会 訪問する人も多いスポット 傍らにバッハ博物館がある ドイツ・ライプツィッヒ



聖トーマス教会・前陣床にあるJ.S.バッハの名誉墓(三番目の墓)



アルター・ヨハニス墓地は今でも古い墓が残っているが、元のバッハの墓の場所は定かではない


フェリックス・メンデルスゾーン


ライプツィヒで活躍したロマン派作曲家、指揮者

ドイツ・ライプツィッヒ大学構内にあるメンデルスゾーン・ハウス 手前は胸像



玄関内壁のメンデルスゾーンレリーフ この家で1847年11月4日に亡くなったとある



フェリックスのデスマスク


Dreifaltigkeitsfriedhof I, Kreuzberg, Friedrichshain-Kreuzberg, Berlin, Germany


リヒャルト・ワーグナー


「ニーベルンクの指輪」などの「楽劇」の作曲者、リストの娘婿
ドイツ・バイロイト ワーグナー作品を上演する「バイロイト祝祭歌劇場」



ドイツ・バイロイト リヒャルト・ワグナーの住家(博物館)「ヴァン・フリート」 玄関脇の像は庇護者であったバイエルン王国のルートヴィッヒ2世



「ヴァンフリート」裏庭奥にあるワグナーと妻コジマ(リストの娘)の墓 墓石に刻銘はない


クリストバル・コロンボ(クリストファー・コロンブス)


おなじみ北アメリカ大陸の「発見者」、イタリア人

スペイン・セヴィージャ カテドラル内部
この向こうにコロンブスの墓(写真外下)がある 骨は南米からはるばる持ち帰ったという


ジャン・ポール・サルトル、シモーヌ・ド・ボーヴォワール


フランスの現代哲学者、思想家
 フランス・パリ・モンマルトル墓地


シャルル・ボードレール


フランスの詩人・評論家
墓碑銘の中段に名前が見える 代表作「悪の華」 「近代詩の父」・・ランボーやヴェルレーヌらに多大な影響
フランス・パリ・モンマルトル墓地


クララ・ハスキル


「モーツァルト弾き」として知られた夭逝のピアニスト
 パリ音楽院卒・最優秀賞 パブロ・カザルス(チェロ)、アルテュール・グリューミオー(ヴァイオリン)などの共演者としても知られる
ルーマニア出身のピアニスト 彼女の鉄道事故死以後、スイスで「
クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクール」が創設される
フランス・パリ・モンマルトル墓地
 
注:墓碑の三人は姉妹


ジャン・ピエール・ランパル


「天才」といわれたフランスのフルート奏者
パリ音楽院のプレミエ・プリ ジュネーヴ国際コンクール優勝 パリオペラ座管弦楽団首席奏者 「天才」「20世紀の最も偉大なフルート奏者」といわれる
フランス・パリ・モンマルトル墓地 (家族墓)


エディット・ピアフ


伝説のシャンソン歌手 「バラ色の人生」

フランス・パリ・ペールラシェーズ墓地 (家族墓) Div.97


アメディオ・モディリアニ


イタリアの画家、彫刻家

フランス・パリ・ペールラシェーズ墓地


オスカー・ワイルド
 

アイルランドの詩人・作家・劇作家
フランス・パリ・ペールラシェーズ墓地(中央の像のある墓) オックスフォード大首席卒業 数奇な人生 Div.89
1900年に亡くなったが、現在でも老若男女を問わずすごい人気で、後から後からお参りが絶えない 日本の作家にも多大の影響


マリー・ローランサン


フランスの画家・彫刻家

名女優ジャンヌ・モローの養母 パステル・カラーの画風で有名 フランス・パリ・ペールラシェーズ墓地


イヴ・モンタンとシモーヌ・シニョーレ


フランスのシャンソン歌手・俳優と名女優夫婦
超有名人の割にはシンプルな墓 フランス・パリ・ペールラシェーズ墓地 Div.44


ジルベール・ベコー


フランスのシャンソン歌手

この人も人気がある人でお参りする人もかなりいた 「超ヘビースモーカー」 フランス・パリ・ペールラシェーズ墓地 Div.45


ウジェーヌ・ドラクロワ


フランス・ロマン主義の画家
 学校の教科書にも登場するフランス革命の「民衆を導く自由の女神」が代表作 フランス・パリ・ペールラシェーズ墓地 Div.49


オノーレ・バルザック


フランスの作家
 「ゴリオ爺さん」「谷間の百合」 フランス・パリ・ペールラシェーズ墓地 Div.48


ジョルジュ・ビゼー


  フランスの作曲家 パリ音楽院 「ローマ大賞」を受賞しローマへ留学 フランス・パリ・ペールラシェーズ墓地 Div68
リストが彼のピアノを絶賛したがオペラを目指した 「カルメン」「アルルの女」 家族友人が建てた墓 享年36歳 



フェルディナンド・ド・レセップス


フランスの外交官、実業家

スエズ運河を建設 波乱の人生 フランス・パリ・ペールラシェーズ墓地 家族墓 Div6


ウィリアム・グラッドストーン


イギリスの政治家、ヴィクトリア朝で自由党を率いて四度、首相を務めた

英国・ロンドン・ウェストミンスター寺院
寺院床にある政治家グラッドストーンの墓(北翼廊)



ラファエロ・サンティ


イタリア・ルネサンスの天才画家、建築家

イタリア・ローマ・パンテオーン・ラファエロの墓(下部)



パンテオーン・ラファエロの墓(下部)



パンテオーンの墓碑銘(エピタフ)


ラファエル:聖家族 (C)BlauelKunst-Dia,8055 Gauting)
ミュンヘン:アルテ・ピナコテーク美術館


次のページへ

無断転載・無断コピー・無断引用禁止



  
(C)2004-2017 All Rights Reserved by Kenji Kakehi