忘れられない彫像・塑像・歴史的遺品・美術工芸品

エジプト新王朝(アマルナ芸術)時代 「ネフェルティティ胸像
ベルリン国立博物館(旧エジプト博物館)蔵
「古代エジプトの三大美女」といわれるネフェルティティの像 以前から気になっていた像で
ベルリン訪問を機に真っ先に訪れた ガラスケースに収められた像は輝いていた (1984-85)
Bust of the Egyptian queen, Nefeltiti , Berlin National Museum, Germany


内部リンク:「ドイツの旅・「西ベルリン」の美術館」(ドイツ)





ミケランジェロ 「
ピエタ」  大理石製
ヴァティカン サン・ピエトロ大聖堂
この大聖堂と美術館は二度訪れたが、何度見ても我が子を失ったマリアの悲しみが胸を打つ
Michelangelo, Pieta, Vitican San Pietro




ミロのヴィーナス
フランス・パリ・ルーブル美術館蔵
ダ・ヴィンチの「モナリザ」とともにルーブルを代表する偉大な芸術品
現代の女性美の基準からいうとやや太めの体だが当時では普通だったらしい
流石に名作らしく、「モナリザ」と並んで見物人が多かった (1985)
"Venus de Milo" Louvre Museum, Paris, France









サモトラケのニケ(勝利)」像
フランス・パリ・ルーブル美術館蔵
ギリシャのサモトラケ島で見つかった勝利の女神像 優美でダイナミックな女性像
学校の社会や美術の教科書などにも載せられて有名である ルーブルの正面階段踊り場に飾られている
"Winged Victory of Samothrace," Louvre Museum, Paris, France

内部リンク:「フランスの旅・ルーブル美術館」(フランス)




古代エジプト館 当博物館でも最も人気があるセクションのひとつ 合わせてメソポタミア関係も展示
英国・ロンドン・大英博物館蔵 The British Museum, Egypt section, London, United Kingdom





エジプト国王狩猟図
英国・ロンドン・大英博物館蔵

Nebamun hunting in the marshes with his wife Hatshepsut and their daughter, about 1480BC, Egypt
The British Museum, London, United Kingdom




エジプト ミイラ棺の底部 普通の展示ではここまでは見られないことが多い
Mummy coffin (左側一部写り込みがあります)
英国・ロンドン・大英博物館蔵 The British Museum, London, United Kingdom





ロゼッタ・ストーン」 (画面に写り込みがあります)
シャンポリオンの解読で知られる三種類の文字が刻まれている エジプトの考古学研究に果たした役割は大きい
英国・ロンドン・大英博物館蔵 "Rosetta Stone," The British Museum, London, United Kingdom






アッシリア室入り口 巨大な
アッシリアの門
英国・ロンドン・大英博物館蔵 The British Museum, London, United Kingdom





シュメール初期王朝古代都市ウル出土 「ウルのスタンダード」 BC2500頃
The Standard of Ur, about 2500BC, from the Royal cemetery of Ur, ancient Sumer Material: Lapis lazuli, Limestone and shell

英国・ロンドン・大英博物館蔵 The British Museum, London, United Kingdom







ペルシャ帝国 スサの王宮東門の衛兵 BC521-500 (イラン)
英国・ロンドン・大英博物館蔵 The British Museum, London, United Kingdom








ギリシャ・アテネのアクロポリス BC5c
英国・ロンドン・大英博物館蔵 The British Museum, London, United Kingdom






古代ギリシャの
黒陶アンフォラ Red-figured amphora (strage-jar) around 480BC, Greek
英国・ロンドン・大英博物館蔵 The British Museum, London, United Kingdom






古代ギリシャ Lelyのヴィーナス(アフロディテ)
英国・ロンドン・大英博物館蔵
 The British Museum, London, United Kingdom





ローマ帝国 ギリシャ神話の
女神・タリア(タレイア) アフロディティの侍女・三美神の一人
Thalia, Muse of Comedy Roman, 2nd century AD
英国・ロンドン・大英博物館 The British Museum, London, United Kingdom





世界遺産 ベルサイユ宮殿 「鏡の間」
第一次大戦のベルサイユ条約がこの部屋で締結された フランス・ベルサイユ宮殿
Palais de Versailles, France





「ナポレオン一世戴冠」の冠
フランス・パリ・ルーブル美術館蔵
ナポレオンのお抱え画家ダヴィッドの超大作絵画「ナポレオンの戴冠」で登場したと覚しき冠である
先の絵も社会や美術の教科書などにも載せられてた


A part of "The Coronation of Napoleon," Louvre Museum, Paris, France

内部リンク:「フランスの旅・ルーブル美術館」(フランス)




ルイ15世の王冠
 Crown of King Louis 15
フランス・パリ・ルーブル美術館蔵 Louvre Museum, Paris, France





ロシア・サンクトペテルブルク・エルミタージュ美術館 「大使の階段
The State Hermitage Museum, St.Petersburg, Russia





ロシア女帝・エカテリーナ二世像
ベルリン王立陶器工場製陶像 1770-1772
露土戦争の勝利を祝してプロイセン(プロシア)王国のフリードリッヒ二世が1772年にエカテリーナ二世に贈った物の一部

ロシア・サンクトペテルブルク・エルミタージュ美術館蔵 The State Hermitage Museum, St.Petersburg, Russia




ロシア・サンクトペテルブルク・エルミタージュ美術館 同「
孔雀石の間
The State Hermitage Museum




エカチェリーナ宮殿 「
琥珀の間
第二次大戦中ナチが琥珀を奪ったが戦後に大改装して復元した 現在この間が大変人気でこれを見に来る人も多い
ロシア・プーシキン(旧ツァールスコエ・セロー) Pushkin, ex. Tsarskoye Selo
世界遺産:サンクト・ペテルブルク歴史地区と関連建造物群



      

少年王ツタンカーメン(トゥタンカームン)の黄金マスク
右は副葬品・玉座背もたれ部の絵(刺繍) ツタンカーメンと妻アンケセンアメン
エジプト考古学博物館 (エジプト・カイロ) Egyptian Museum, Cairo, Egypt





世界遺産 アルハンブラ宮殿
素晴らしいイスラム建築とキリスト教文化の融合
Palacio de la AlHambra, Granada, Espana





世界遺産・天台宗・中尊寺・国宝金色堂 阿弥陀如来 脇侍:観音・勢至菩薩 岩手県平泉町
奥州藤原氏の権勢が偲ばれる平安仏教芸術の最高峰
Chusonji Konjikidou, Hiraizumi, Iwate pref., Japan


<その他の工芸品>
国立故宮博物院 (台湾・台北)
National Palace Museum, Taipei, Taiwan

   

金細工と玉細工(脂豚肉と白菜)


<現代陶磁器>


リヤドロ(ヤドロ)製「シンデレラ」 (スペイン・マドリッドのデパート)
リヤドロはスペインでは陶製人形を多く生産する窯だが、ロマンティックなデザインと淡い色合いで女性にも好かれる
これは日本円で300万円に近いシンデレラのセット 多くの女性ファンの垂涎の的であろうか (2007)
Spain's most famous porcelain, Lladro, at department in Madrid, Spain
内部リンク:「スペイン各地の工芸品・土産品」(スペイン)


<古くから装飾品や絵画、陶磁器に使用される貴石>

「ラピスラズリ製ネックレス」 (トルコ・イスタンブール)
ラピスラズリは青金石を主成分とする貴石で人類に利用された最古の鉱物 日本語では瑠璃(ルリ)という
アフガニスタン原産だがカナダ、シベリア、コロラドでも産出する 古代から珍重された宝石である
ツタンカーメンのマスク、正倉院御物、中尊寺金色堂宝物、ルイ14世塩入(ルーブル美術館蔵)などが有名
オランダの画家フェルメールが「
真珠の耳飾りの少女」でターバンを描く際に使った高価な素材である
当然写真のネックレスも大変高価である  Necklace of Lapis Lazuli, Istanbul, Turkey

内部リンク:「トルコ・歴史・民族・宗教の十字路」(トルコ)


<付録・歴史的遺物>
一般でいう貴重品ではないが歴史的価値から掲載する




「ジンジャージム」と名付けられた古代エジプトのミイラ 天然乾燥のもの
英国・ロンドン・大英博物館蔵

Naturally mummified man so called "Ginger," aproximately 3400BC, Egypt(一部写り込みがあります)


PageTop


写真の無断利用・無断転載・無断使用禁止


  
(C)1983-2018 All Rights Reserved by Kenji Kakehi