世界の作曲家の家屋敷(生家・住家)
World's Composers' Houses



作曲家 エドヴァルト・グリーク住家博物館 フィヨルドを見下ろす高台にあり夫婦の墓もこの崖下の斜面にある
家と庭は自然に囲まれた素晴らしい環境である (ノルウェー・ベルゲン郊外・トロルハウゲン)
Eduard Grieg hyem museum, Bergen, Norge(Norway)




エドヴァルト・グリーク住家博物館敷地内の作曲小屋 目下にあるフィヨルドを見ながら作曲した 上がコンサートホールの建物
Eduard Grieg's composition house

関連内部リンク:グリークの墓(グリーク住家博物館敷地内)


グリークの住家前庭園から望むフィヨルド 一度見たら忘れられない光景である
Fjord scene in front of Grieg's house and garden






作曲家・ピアニスト・「ピアノの詩人」 フレデリック・ショパンの生家(現博物館)) ワルシャワからは遠いポーランドの田舎にある
首都ワルシャワから延々と列車で移動 田舎の駅からのバス便も数少ないのでタクシー利用が便利だ
彼は生後しばらくしてワルシャワに転居した(現ワルシャワ大学構内)
その近くにオルガンを弾いていた教会が現存する のちフランスなどに渡り西ヨーロッパで活躍した
(ポーランド・ゼラゾヴァ・ヴォラ) F. Chopin's birthhouse museum, Zelazowa Wola, Polska (Poland)
彼の墓(体)はパリ・ペール・ラシェーズ墓地に、
彼の墓(心臓)はポーランド・ワルシャワの聖十字教会内にある



ショパン生家博物館内部 なぜか正面のピアノはカワイ製 夏はここで生演奏会があるという
Inside Chopin's birth-house




ショパンがワルシャワ音楽学校時代(1823~29)に住んでいた建物
(現美術アカデミー・戦災で崩落、後に復元 4階部分 ワルシャワ大学前)
Chopin family's house on the 4th floor (Reconstruction) Academy of Fine Arts, 5 Krakowskie Przedmiescie Street

関連内部リンク:
ショパンの墓(パリ・ペールラシェーズ墓地)




作曲家 リヒャルト・ワグナーの住家 裏庭に夫妻の墓がある 
玄関前にある深い親交があったバイエルン国王・ルートヴィッヒ二世胸像が立つ  (ドイツ・バイロイト)
南ドイツの美城ノイシュヴァンシュタイン城を作ったのも彼だが、近代に中世を志向したアナクロニストでもあった 
Richard Wagner "Wahnfried," Bayreuth, Deutshland (Germany)




作曲家・ピアニスト フランツ・リストの住家(現博物館) 博物館にはピアノや資料、写真などが展示される
入場無料 資料・パンフ類は有料(一部日本語資料あり)
リヒャルト・ワグナー邸の傍らにある ご存じ、ワグナー夫人コジマはリストの娘 (ドイツ・バイロイト)
Franz Listzt haus, Bayreuth, Germany





作曲家・ピアニスト フランツ・リストが死ぬ年まで住んだ家(現リスト博物館) (ドイツ・ワイマール)
この家裏にある大きな公園には彼の全身像がある 彼はのちバイロイトで死去  墓はバイロイトにある
F. Liszt haus, Weimar, Germany




作曲家・ピアニスト フランツ・リストの記念博物館 ここでリスト音楽院をひらいていた 「同居ビル」の二階の部分が博物館と
なっており、入り口は入って右側にある 近くのブダペスト国立歌劇場入り口にリスト座像がある (ハンガリー・ブダペスト)
Franz Liszt Museum, Budapest, Hungary
Liszt Ferenc Memorial Museum (official-site)




作曲家 スメタナの家(現博物館)(中央左) 首都プラハを貫流するヴルタヴァ川(ドイツ名:モルダウ)河畔にある
内部は広くピアノや家族の写真など多くが展示される 窓からの景色がよい最高の環境 (チェコ・プラハ)
Smetana house museum, Praha, Czech

関連内部リンク:スメタナの墓(プラハ・ヴィシェフラド墓地




作曲家 ヘンデルが生まれ青年期までを過ごした 「ヘンデルハウス」(現博物館) 町中心のマルクトプラッツからは徒歩約5分
後に彼は英国に移り、そこで活躍し「英国人」として人生を全うした(墓はロンドン・ウェストミンスター寺院にある) (ドイツ・ハレ)
Hendels Haus, Halle, Germany





指揮者・作曲家 フェリックス・メンデルスゾーン・バルトロディの家(博物館) ライプツィッヒ大学構内の家は立派である
内部の展示も充実している 彼はライプツィッヒ・ゲヴァントハウス・オーケストラの楽長(指揮者)だった (ドイツ・ライプツィッヒ)
Mendelssohn haus, Leipzich Universitaet, Leipzich, Germany

注:彼の墓はベルリンの聖三位一体教会の第一墓地にある




作曲家 エリック・サティの家(博物館) セーヌ河岸の公園から徒歩で数分のところにある 彼の「ジムノペディ」のメロディは日本でもよく知られる
(フランス・オンフルール) Erik Satie maison, Honfleur, Normandy, France






作曲家・音楽教育家 ゾルターン・コダーイの旧住居(現博物館)(後ろの建物) 入り口は建物の左手にある
(コダーイ・ケレンド駅横) 彼の墓は
ブダペスト・ファルカシュレート墓地にある (注:写真の銅像はコダーイではありません)
Zoltan Kodaly house museum, Budapest, Hungary






作曲家 シューベルトの生家 少年時代はウィーン少年合唱団で歌っていた 愛用のめがねやピアノなどを展示
ヌスドルファー・シュトラッセ54番地 (オーストリア・ウィーン)
Schubert Geburtshaus, Wien, Oesterreich (Austria)
注:彼の墓は最初はヴェーリング墓地(ウィーン・現シューベルト公園) にあったが、その閉鎖後は中央墓地に移された





作曲家 ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーベンの家のひとつ 彼は後年耳が聞こえなくなり、夜中にも大声で歌うので
大家から追い出されて転々としたという (オーストリア・ウィーン郊外、グリンツィング)
Van Beethoven haus, Grinzing, Oesterreich


彼の墓は最初はヴェーリング墓地(ウィーン・現シューベルト公園)にあったが、その閉鎖後は中央墓地に移された

 
曲家 ヨハネス・ブラームスの生家 (ドイツ・ハンブルク)
ブラームスの生家の古写真 Quoted from
(C)Wikipedia
元の家(生家)は1943年に戦災にあった
今はDenkmalになっている
  ブラームスの生家:再建復元された現在の家 (ドイツ・ハンブルク)
彼は1833年5月7日、シュペック通り60番地で生誕(画像処理済)
現在は遠くない場所、ペーターシュトラッセ39に「ブラームス博物館」がある
<Johannes Brahms Geburtshaus, Hamburg, Germany>

内部リンク:彼の墓はウィーン・中央墓地にある




作曲家 W.A.モーツァルトの生家(1756生)(現博物館)
中の部屋は意外と狭いが展示品もある
彼の生まれた部屋は物置並みの広さでその意外性に驚く
(オーストリア・ザルツブルク・ゲトライデガッセ)
Wolfgang Amadeus Mozarts Geburtshaus, Salzburg, Oesterreich (Austria)

なお同じザルツブルグ市内、川の対岸のマカルト広場に家族が
1773年-1783年まで住んだ「モーツァルトの家」(Mozart Residence)(現存)がある




作曲家 W.A.モーツァルトの住家 「フィガロ・ハウス」(現モーツァルト・ハウス
W.A.モーツァルトの住家の入り口 ウィーンの町中、シュテファンス・ドーム(大聖堂)近くの狭い路地に面するアパルトマン
この入り口を入って階段を上がると二階に玄関がある ここで「フィガロの結婚」など三大名作が作られた (オーストリア・ウィーン)
W.A. Mozart's "Figaro Haus," Wien, Oesterreich (Austria)


内部リンク:彼の墓は最初はウィーン・マルクス墓地だったが、後にウィーン・ウィーン・中央墓地に移された




ベルトラムカ Mozart Museum, Bertramka, Prague (チェコ・プラハ)

モーツァルトはこの屋敷のオーナー(音楽家)と親交があったため、プラハではここに長期滞在し作曲したといわれる
当時の作品は「ドン・ジョヴァンニ」「皇帝ティートの慈悲」他 現在は「
モーツァルト博物館」となっている
映画「アマデウス」でもロケに使用された 

衛星写真と地図(Google)



 


作曲家 アントニーン・ドヴォルジャック(ドヴォルザーク)の家(現博物館)
「新世界」の楽譜(コピー)や愛用ピアノも展示される (チェコ・プラハ)
Dvarak house museum, Praha, Czech


内部リンク:彼の墓は(プラハ・ヴィシェフラド墓地




印象派作曲家 ドビュッシーの家 1階に観光案内所があり訪問当日は閉館日、家も入館不可
壁のプレートに「作曲家・クロード・ドビュッシー・1862年8月22日当家で生誕」とある
(フランス・サン・ジェルマン・アン・レイ) Maison Claude Debussy. Saint-Germain-en-Laye, France


彼の墓はパリ・パッシー墓地にある(Cemetiere Passy, Paris)


PAGETOP


(内部関連ページ)





写真の無断使用、無断転載、無断コピーを禁ず


  
(C)1983~2019, All Rights Reserved by Kenji Kakehi,
Digital cameras: Nikon F3(Analog), CANON 7, CANON50D, PENTAX K30 & others